2006年08月31日

the Shape of Jazz to Come 2006 開催

the Shape of Jazz to Come 2006
2006/9/22(金) OPEN 18:00/START19:00〜 (9/23(土)05:00終演予定)

来たるべきジャズ。
それは本物のジャズと現在進行形のクラブジャズによる史上最高のジャズフェスティバル。

遂に産声をあげる小林径プロディースによる史上最高のジャズフェスティバル。リアルジャズとクラブジャズのミュージシャン、DJが一堂に会する。2ステージ同時進行による日本初となるクラブ発信のオールナイトジャズフェスティバル。


新木場 ageHa@STUDIOCOAST
※有楽町線「新木場」駅・りんかい線「新木場駅」・京葉線「新木場」駅より徒歩5分
http://www.ageha.com/

料金
¥8,000 (税込)
限定S : ¥20,000 (税込) (以下エリアへもアクセス可 ORENGE ROOM, BLUE ROOM, BLUE テラス)
(ORENGE ROOM, BLUE ROOM, BLUE テラス内でのフリードリンク付)


[LIVE]
Joshua Redman Elastic Band (from U.S.A) /菊地雅章 The Slash Trio / Nicola Conte Jazz Combo (from Italy) / Idea 6 (feat. Gianni Basso & Dino Piana) (from Italy) / 菊地成孔クインテット・ライブ・ダブ / 渋さ知らズオーケストラ /
Soil & "Pimp" Sessions / fujiwara,daisuke quartz head con-ver-sa-tion 02 / quasimode / Routine Jazz Sextet produced by kei kobayashi 他

[DJ]
Gilles Peterson (from U.K.) / Moodymann aka Kenny Dixon Jr. (from U.S.A.) / Antti Eerikainen (from Finland) / 松浦俊夫 /
chari chari / 須永辰緒 / JAZZY SPORT CREW 他



これは惹かれますねぇ〜
お金があればVIPで楽しめるSチケットで行きたいところだが、
私には8,000円が限界です。むしろ8,000円でも限界越えてます。

先ほどタイムテーブルも発表になった模様。
体力考えなければ最初から最後までいたいところ。
が、どう考えてもそれは無理。死ぬ。
てゆーか行くのか?行くか。行っちゃうか。どうしよう。

posted by TOMO at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9月willy開催

恒例のwilly、9月の開催が決まりました。

Willy

2006/9/18 [mon]
12:00-20:00  
☆雨天決行
@多摩川河川敷
[東急田園都市線二子玉川駅徒歩5分、兵庫島公園付近]

Charge
FREE with your donation.

DJ
大沢睦生(Freak Affiar)
篠田淳治(Balearic Sunrise)
片平実(Getting Better)




3連休の最後の日。今回は行こうかしら。

posted by TOMO at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WildMarmalade来日

9/14 thu 濱JAM祭 Vol.10
Wild Marmalade (from Australia)/Dachambo
VJ:OverHeads
LivePainting: GRAVITY FREE
OPEN18:30/START20:00/ADV¥2500/START¥3000



オーストラリアからWild Marmaladeが来日します。
ディジュリドゥ、ドラム、パーカッションという組み合わせのこのバンド、
電子音なしのトランスですわ。飛びまくり。

オフィシャルHPで試聴できます。

日本からはDachambo。この二組の対決(?)は必見かも。

しかも場所は横浜Thumbs UPです。
食事して飲んで踊ってって最高ですわ。

Wild Marmaladeは10月上旬まで日本でツアーみたい。
結構あちこちでやっちゃいます。
9月27日(水)には渋谷のアップルストアでライブするらしい。
8:00p.m.-9:00p.m.で。無料だしお得かも。

posted by TOMO at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUN PAULOライブ情報

ハマり地獄からいまだ抜け出せてないSUN PAULO、
次に行こうと思ってるライブはこれ。

SHINJUKU LOFT 30TH ANNIVERSARY“ROCK OF AGES 2006”
〜JOYSTREEM release party〜
2006/9/6(wed)OPEN 18:00 / START 19:00
ADV \2000 / DOOR \2500

らぞく/SUN PAULO/ズボンズ



JOYSTREEM release partyってことはらぞくのレコ発的なんですかね。
ズボンズって名前はよく見るけど、聴いたことない。
踊れるロックとかジャム寄りみたいなことを聞いたんだけど、
ちょっと楽しみ。

LOFT自体久しぶりかも。ZOOT以来か。あれはいつだ?
ビーフン食べようかなー☆

posted by TOMO at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WORLD BEAT 2006

WORLD BEAT 2006
8/27(日)@日比谷野外音楽堂

コノノNo.1
ROVO
渋さ知らズオーケストラ



8月最後のイベントです。
いやぁ〜夏を締めくくるにふさわしいメンツですね。

渋さ知らズオーケストラ。魅せる音楽に圧倒されます。
ROVOで宇宙へ飛ばされる。まだ明るかったのが残念。

そしてKONONO No.1。もうね、スゴイの一言。
不思議な手作りスピーカーから放たれる強烈な音。
親指ピアノの歪んだ音。爆音トランス。聴かなきゃ分からん。
辺りを見渡すと観客が総立ちで踊ってます。すごい光景。

アンコールでのセッションがまたスゴかった。
コノノに渋さ、ROVOが入り乱れてるんだから。
スゴ過ぎてなんか収拾つかなくなってるんじゃ・・?
という心配をよそに大盛り上がりのまま終了。

夏の終わりにスゴいものを体験した気分。



あ、なんか感想短いね。
ま、いっか。疲れたよ。

さて、9月以降のイベントチェックでもしよーかな。

posted by TOMO at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WIND BLOW '06

WIND BLOW '06 - Beach Clean Live -
2006年8月26日(土)OPEN 11:30 START 12:30
@相良シーサイドパーク(静岡県牧之原市相良町)

タイムテーブル
11:30 - 開場
12:30 - Caravan
13:10 - BLACK BOTTOM BRASS BAND
13:40 - bonobos
14:40 - BAGDAD CAFE THE trench town
15:25 - 東田トモヒロ
15:55 - Keison
16:55 - 犬式(a.k.a Dogggystyle)
17:40 - PAPA U-Gee with ZION HIGH PLAYAZ
18:15 - Spinna B-ILL
19:15 - Leyona



前日の雨予報に反して到着してみると晴れ。嬉しい誤算。
東京出るまでに予想以上に時間がかかってしまって
予定より遅れて会場に到着。でも焦りません。
ゆるゆる気分ですから余裕です。


しかし人が去年より確実に増えてます。
芝生が埋め尽くされてます。シートを広げる余裕がありません。
BLACK BOTTOM BRASS BANDの演奏をバックに場内ウロウロ。
なんとかすき間を縫ってシートと椅子を広げます。

P8260617-2.JPG P8260611-2.JPG



P8260624-2.JPG
Cannabiaビールで乾杯☆ヘンプビールです。
ビール苦手な私も飲みやすくて美味しかったー。

bonobos。いきなりTHANK YOU FOR THE MUSIC。
後ろに広がる海を見ながらゆらゆら。

BAGDAD CAFE THE trench town。
青空に海に心地良い風。最高に気持ち良い空間。
友達と気持ち良いー!!を繰り返す。


いったん会場を離れて砂浜で波遊び。

P8260648-2.JPG

波打ち際で軽く海に入る。つもりがびしょびしょになる。
それがまた楽しくて。濡れても乾くし〜楽しいぃ〜!!って。
一通り騒いだ後は、ぼーっと海を眺める。
海ってスゴイ。イヤな思いが波と一緒に海に消えていく気がする。


犬式(a.k.a Dogggystyle)。
ステージ前まで行ってみた。熱いステージにモッシュが起きる。
モッシュには加わらないけど、私も心も熱くなる。
あの寒いほどのアツさがカッコ良いんです。

Spinna B-ILL。
声が好き。歌詞が好き。椅子に座ったままただ彼の歌声に
心を傾ける。日が落ちて暗くなり始めた空に
向かって両手を上げる。吸い込まれそうになる。
終わる頃には辺りは真っ暗。


真っ黒な海を見ながら会場を去った。夜の海も好き。



チケット完売してたみたいだけど、
来年はもうちょっと人を減らして欲しいなぁ〜

大好きなゆるフェス、ゆるさだけは保って欲しいわ。

posted by TOMO at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

True People's CELEBRATION 2006

True People`s CELEBRATION 2006
8/19/2006(土) @山中湖シアター“ひびき”
Open:11:00 Start:12:00 close:21:00 

Medeski,Martin&Wood(from New York)
立川談志(立川流家元)
Inner Mounting Flame Orcestra (Skerik Shazad & Weston)
The Slip
Kid Koala(Ninja Tune)
SOIL& "PIMP" SESSIONS
Telefon Tel Aviv
Medeski vs Koala
ACO
Double Famous
CINEMA dub MONKS
EYE
DJ Baku(Dis-Defense Disc)
SPECIAL OTHERS



またまた行ってから時間経っちゃってますが
今さら更新しちゃいます。


いやぁね、素晴らしい時間が過ごせましたよ。
まずロケーションが素晴らしい。
到着した時は雲が多くて富士山が見えなかったんだけど、
だんだん晴れてきて、富士山が顔を出す。目の前には山中湖。
夕焼けはキレイだし、星もキレイだし、芝生はふかふかだし。

メインステージは後ろの壁がなく、そこから富士山やキレイな
風景が見える訳。ステージの枠が額縁の風景画のようだった。
美し過ぎる。そんな環境の中で素敵な音に包まれて過ごす時間。
これを最高と言わずして何と言う。最高だーっ!!


ガツガツ踊ったり、ゆらゆら揺れたり、フラフラしたり。
シャボン玉飛ばし過ぎて隣のお兄さんに嫌がられたり。
素敵ミュージックを子守唄に昼寝してみたり。
フードに並んだらお目当てが売り切れてたり。
談志の話芸にクスクス笑ったり感心したり。
富士山の雄大な姿に素直に感動しちゃったり。


P8190510-2.JPG 芝生で踊るのは気持ち良い♪
P8190579-2.JPG 談志と富士山のコラボ。
P8190589-2.JPG 幻想的〜。


会場の雰囲気もゆったりした時間が流れてるような
不思議でピースフルな空気。音楽を楽しむというより、
その場の全てを感じて楽しめる感じ。


まぁでも何より富士山がやっぱりスゴ過ぎたよね。
富士山すげー。

P8190554-2.JPG
posted by TOMO at 21:07| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

SOUL JERK@所沢航空公園

SOUL JERK 2006
2006/07/23(日)@所沢航空記念公園野外ステージ
OPEN 12:00/START 13:00
吾妻光良&THE SWINGING BOPPERS
YOUR SONG IS GOOD
SAKEROCK
メガマサヒデ
曽我部恵一バンド




箇条書き的感想文ついでに、フジロック前週に行ったSOUL JERKについて。
このブログを始めてから行ったイベント感想は全部書いてるから、
これだけ書かないのはちょっと残念な感じがするので、
思い出しつつ書いてみようかと。


天気は確か・・曇。湿度は高くて蒸し暑かった。ような気がする。

スーパーでいろいろ買い込んで会場へ。
暑くて食欲が・・と思いきや、うな丼を買ってきたのでモリモリ食べる。
とりあえず最初から最後までずーっと食べて飲んでた記憶。

そうそう、流しそうめんやってた。すごい長いの。
なんとなく食べなかったけど。


最初は曽我部恵一バンド。
登場するやいなや観客の方に降りてきて熱唱してる。
その熱さに何か懐かしいものを感じた。
久しぶりに観た気がする。こういう暑苦しいバンド。
もちろん良い意味での暑苦しさ。カッコ良かった。


メガマサヒデ。
いやぁ〜すごかった。フォークってロックなんだね。
しゃべりも面白かったし、この日一番のヒット。


SAKEROCK。
こんな人気あったんだ!?ってくらいの盛り上がり。
しかも皆音楽よりハマケンのしゃべりを聞きたそう。
初めて彼らを観た時の衝撃は大きかったけど、
最近は慣れてきたのか、ハマケン、大丈夫なのかなぁ?
と冷静に心配になってみたりする。


YOUR SONG IS GOOD。
前方に行ってみるも異様な盛り上がりに危険を感じて後ろへ回避。
危険を感じる状況って当然だけど楽しくない。
まったり楽しみたいのだ。ちょっとゲンナリ。
サイトウジュンが、前に前にじゃなくて上に上にで盛り上がろう!
とうまくなだめてた。うまいな。と変に感心した。


吾妻光良&THE SWINGING BOPPERS。
おじさんパワー炸裂。すごいカッコイイ。
会場の雰囲気も良い感じになってた。
ゆらゆらしながら、飲み過ぎ食べ過ぎでヘロヘロです。
あまりの渋さにガツンとやられた。



もう一ヶ月も前なのに結構覚えてるもんだね。

posted by TOMO at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MATISYAHU@LIQUIDROOM

MATISYAHU
2006/8/14 OPEN / START 18:00 / 19:00
@LIQUIDROOM



サマソニでDAFT PUNKとかぶってて観れなかったマティスヤフ、
やっぱり観たいっ!!ってことで単独公演行きました。

タワレコカフェで時間を潰してからフロアへ。
開演時間を過ぎてもなかなか始まらず、
イライラし始めたところで、暗転してバックバンド登場。

ん?あれ??

さっきタワレコカフェで向かいで飲んでた人たちじゃーん!ます。
しかもこの人たち、ジャムっちゃったりしてスゴいんです。
私はそこで盛り上がるんだけど、レゲエな人たちのウケは悪いようだった。


で、肝心のマティスヤフ。
黒ハット、黒コート、黒パンツでいかにもユダヤ教といった雰囲気、
スラっとした長身で、なかなか男前♪

曲の合間に、何語か分からないけど、マティスヤフが歌う。
あれはユダヤの伝統的な歌とかなんですかね?
ちょっと宗教ちっくな雰囲気を感じる。
でもなんか神々しい感じがしてぞくっとした。


アルバムの曲では、普通に盛り上がる。
マティスヤフは思いのほか飛んだり跳ねたりして踊ったり、
スピーカーの上に上っちゃったりと、結構アクティブな感じです。


観客でタオルをぐるぐる回してる人がいて浮いてた。

観客といえば外国人率がとても高かった。
3割くらいは外国人だったような。何でかな?


あぁなんか箇条書き的な感想だな・・ま、いっか。


いやぁ〜しかし前日のサマソニでのCAT EMPIREがスゴ過ぎて
イマイチ印象に残らなかった。違う日程で観てたら
またきっと違う感想を持ったんだろうけど。

posted by TOMO at 20:43| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

SS06 〜2日目〜

さて2日目。朝から快晴。紫外線の恐怖におののく。

1日目にグッズをもらい過ぎ、荷物が多くなってウンザリしたので
2日目は極力少なめ。カメラも持ってかなかった。
が、あまりにキレイな青空にカメラを持ってかなかったことを後悔。


何となくELLEGARDEN@MARINE STAGEへ。
全然曲知らないけどとりあえず盛り上がってみる。
今回MARINEで観たのはこれだけだったけど、
やっぱりサマソニはMARINEで縦ノリしないとね♪なんて思ってみたり。


それからBEACHへ。この日はほぼビーチで過ごします。
青空と砂浜とお酒と音楽と。最高の組み合わせですね。

しかし日差しが強過ぎ。恐ろしくて顔が上げられません。
帽子かぶってほっかむりしてUVカットストールを首に巻いて
どっから見ても怪しいおばさんです。気にしません。


BEAT CRUSADERS。入場規制がかかってる模様。
すごい盛り上がりっぷりにすごい勢いで放水。
放水し過ぎじゃ・・ってくらい。前の方から戻ってくる人たちが
ほんとにびしょびしょになってた。

ビークルが終わると面白いように人がはけた。
YOUR SONG IS GOODです。踊るスペースも出来て良い感じ☆
いつも通りに楽しく。

BEAT CRUSADERS×YOUR SONG IS GOOD。
いやぁ〜一番聴きたかったOUR MELODYがさ・・
なんか生で聴いたらちょっとイマイチだった。残念。

THE SKA FLAMES。ビーチでフレイムス。気持ち良過ぎ!!
ゆらゆら夢見心地で体を揺らします。最高っ!!!!

ISLAND STAGEでMANDO DIAOをちら見したり、
スタジアムのソフトクリームを食べたりと
ふらふらした後、再びビーチに戻ってTHE CAT EMPIREです。
もうね、2日目はこのバンドに尽きます。まじでヤバかった!!
フレイムスの気持ち良かった記憶が吹き飛ぶくらい
完全に私の心をわしづかみです。
終わった後にはもう「すっごい楽しかった!最っ高!」って
言葉を何度も何度も連発する程興奮してた。

始まった時にはお世辞にも観客が多いとは言えない状況。
それが徐々に人が集まり、最終的にはビーチステージ全体が一つに!
みたいな感動も味わえ、それより何より素晴らしい音楽にステージング。
私はかなり前の方で踊りまくってたんだけど、
後ろの方で観てた、特に興味なくついてきた連れが、
終わった後に興奮気味にどんなにすごい状況だったかを熱く語る。
私は前の方でどんなに楽しかったかを興奮気味に語る。

観る前から音的には好みだし、ライブも面白そうだなーとは思ってた。
でもその想像を遥かに越える素晴らしさだった。

ビーチじゃなかったら、夕暮れから暗闇になる時間じゃなかったら、
あそこまでの感動はなかったのかもしれないとも思えるけど、
全ての状況がプラスに働いていた。

あの場所で、あの時間に、彼らを観れた私は幸せです。
間違いなくこの日のベストアクト。 いや、サマソニベストアクト。
いや、この夏のベストアクトと言っても過言ではない気がする。
まだ夏終わってないけど。

最近いろんな音楽を聴き過ぎ、いろんなイベントに足を運び過ぎて
一つ一つの感動が薄れていた。その時その時は楽しいけど後に残らない。
そんな空虚な気持ちを若干感じていたんだけど、
それを打ち砕いてくれた。本当に素晴らしかった。


いやぁ〜CAT EMPIREであと5000文字くらい書ける気がする。
ウンザリされそうなのでやめときますw
てか既に十分長いですね。

その後メッセに移動してDJ SHADOWをちら見、
最後にMASSIVE ATTACKを数曲見るも、印象に残らないほど
CAT EMPIREがスゴ過ぎました。


ちなみにこの日食べたのは、ビーチでガパオ炒めご飯と
メッセでタイラーメン。終了間際に半額売りしてた唐揚げ。
唐揚げまずかった。冷たいし。


そんな感じで私のサマソニ06は終了です。

posted by TOMO at 20:55| Comment(2) | TrackBack(0) | SUMMER SONIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SS06 〜1日目〜

サマーソニック06行って来ましたー。
一日目は曇一時雷雨。

P8120451-2.JPG


スタートはDEPAPEPE@BEACH STAGE。
なんとなくちゃんと聴かずにいたんだけど、
1週間程前に数曲音源ダウンロードして聴いてみたら
なんだかすっぽりとツボに入りまして、
いきなりレンタルCD屋でアルバム3枚借りて、
いいなぁ〜これビーチで聴いたら気持ち良いよなぁ〜ポワワワ〜ン♪
てな気分になってました。

木立を抜けるとそこは砂浜。ビーチステージです。

P8120413-2.JPG P8120417-2.JPG

少し遅れて到着すると既にそこはDEPAPEPEワールド。
アコースティックギターの気持ち良い音が砂浜に響き渡ってる訳です。
アコギ2本でいろんな風景や感情がイメージ出来ちゃう、
歌ナシだけど、アコギが歌ってる、素敵です。
そしてスベリ気味のMCが意外と面白かったりして、笑ったりゆらゆらしたり。

ライブ終了後、移動してるとステージ裏でDEPAPEPEメンバーと遭遇。
勢いで三浦君に握手を求めるも、特にかける言葉が出てこず
無言で握手。ちょっと怪しい人になっちゃった♪


メッセに移動。
ふらふらとブース巡りしたり、オムライス食べたり。
サマソニではブース巡りしていろんなグッズをもらうのが
結構好きだったりします。あと去年もやりまくったガチャガチャね。
今年もありましたよ。でも何が入ってるか掲示されてなくて
あまりやる気出ず。と言っても結局5回やったけど。1回500円。
入ってたのは缶バッヂや鍵につけるやつ(?)にバンダナ、
あと嬉しかったのはフリスビーみたいなの。

P8130482-2.JPG 今回手に入れた品々。


またふらふらしてるとお笑いステージ(?)に
WAHAHAの梅ちゃん登場!足を止めて見ます。
すっっっっごい面白い!!いやぁネタとか分かってるんだけど、
分かってるのに笑っちゃう。スベリ知らず状態で場内大爆笑です。
この日のベストアクトに決定☆


またふらふらしてK-SOUND STAGEへ。
UNDERWORLDとか流れちゃってかなりアゲアゲ。
が、何故か踊ってる人が少ない。いやいや、ここ踊るとこでしょ。
一踊りして、やっとライブ観る気になってきたので、
THE CARDIGANS@SONIC STAGEへ行くも最後の一曲だけしか聴けず。

そのままDANIEL POWTER。彼のピアノと歌声が会場に響きます。
心地良く癒されました。しかし有名曲「BAD DAY」が終わった後の
会場の引きっぷりがスゴかった。そしてそれと同時に
その後のくるり目当ての人たちが大量に入ってきた。
移動が面倒だから初くるり体験してみようと思ってたけど、
あまりのくるりファンパワーに圧倒されて移動。


恒例のフットバスへ。もうちょっと疲れてたら
隣のアロママッサージに行きたかったけど、
あまり動いてないのでさほど疲れておらず・・。

終わってまた場内をフラフラして、ポカスカジャンをちら見しつつ
なんとなくカジノへ。増えずも減らず状態で、結構長い時間ルーレットで楽しむ。

小腹が空いたので、冷やしカレー麺なるものを食すも不味。
ガチャガチャでGETしたフリスビーのようなもので遊ぶも
上手く飛ばずに飽きる。


フリスビーでちょっと疲れたので、THE CHARLATANSを後方で座って観る。
初めてだったけど、特に印象に残らず。


そしてDAFT PUNK!!ほんとにロボットなんじゃねぇの!?
てな疑問を持ちながら登場を待ちます。しかしものすごい人。
前の方はかなりぎゅうぎゅうの模様。

幕が開いて登場です!すごいです!なんじゃこりゃー!!!
というステージ。金かけてます!!!みたいな。
もうね、神降臨!みたいな騒ぎでしたよ。
ヘルメットかぶった二人組、実は別人でCDかけてるだけじゃないの?
なんて疑問も抱きつつ、音に身を委ねます。

重低音がビシビシ体に届きます。重低音が体の奥まで届く感じが好き。
携帯のバイブが鳴ってるんじゃないかと思うほどブリブリです。
くぅ〜〜〜っっっ!!気持ち良い〜〜〜!!!って感じですわ。
 
そしてone more timeが流れた時の盛り上がりっぷりは
ものスゴ過ぎて笑っちゃうほど。私もその中の一人だった訳ですが。


アドレナリン出過ぎて最後まで体力&気力を維持出来ず、
もう満足です!お腹一杯です!!ってとこで会場を出ました。


ということで一日目終了。ライブ以外でもいろいろ楽しんだ一日。

posted by TOMO at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SUMMER SONIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RANCID 2007年来日決定!

RANCIDがー!!!来年早々来日するそうですっ!!!


ランシド ジャパン・ツアー決定!!!!

なんと、3年ぶりにランシドが帰ってくる!
07年は年始からパンク・ロック三昧!

RANCID JAPAN TOUR 2007
1/5(金) 東京:スタジオコースト
1/6(土) 東京:スタジオコースト
1/7(日) 名古屋:ZEPP
1/9(火) 大阪:ZEPP
1/11(木) 広島:クラブクアトロ
1/12(金) 福岡:ZEPP
1/14(日) 横浜:ブリッツ
1/15(月) 仙台:ZEPP
info: クリエイティブマン



クリマンにはまだUPされてないけど、SONY情報です。


キャーキャー!!!私の中のパンク魂に火がつきます☆

行くぜっ!うりゃぁーっ!!!


posted by TOMO at 01:44| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE INFORMATION | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

Mighty Sparrow@BLUE NOTE TOKYO


Roots Music Festival 2006
Mighty Sparrow@BLUE NOTE TOKYO
2006/8/2 21:30START



フジロックから帰ってきて、軽い喪失感に襲われながら、
この喪失感を埋めるのは音楽しかないでしょー
ということで、ブルーノートに行って来ました。

カリプソキング、Mighty Sparrowです。

平日の2ndステージ。ほぼ満席。
いやぁ〜楽しかった!スパロウ爺さんエロいしw

70歳くらいですかね。階段の上り下りとか
ちょっと不安になるくらい。でもマイク持ったら
結構パワフルに歌うし、下ネタ満載。最高。

あ、英語とかまるで分かんないんだけど
一緒に行った友達が英語堪能なので同時通訳してくれた。
あまりの下ネタっぷりに訳に困るほどのようでした。あは。


そいえばパーカッションの人が体調不良で来日キャンセル
だったらしく、パーカッションが打ち込み(?)でした。
ちょっと萎えた。これが生パーカッションだったら
完全に逝けた気がする。


でもやっぱり野外でお酒片手に踊りたかったわ。
ブルーノートはちょっと敷居が高いというか・・
ミュージックチャージ7350円、スパロウにこの金額は
惜しくないけど、むしろ安いくらいなんだけど、
野外でワイワイ踊れたらもっと楽しかっただろうなって。

この時期に来るならフジロックに出てくれれば
良かったのにー!オレンジ辺りでね☆



ちなみにコチラで試聴出来ます(いきなり音出ます)。
若い頃の歌声ですね。ブルーノートではここまで元気じゃなかった。
ちなみに画像も若い頃のもの。かなり大きくなられてました。。

posted by TOMO at 15:58| Comment(3) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FRF06 〜あっちー!3日目〜

3日目。快晴。

あまりの天気の良さにテンション上がるも
暑いわ日焼け気になるわ疲れるわでテンション下がる。

P7300324-2.JPG
結局一度も観る事のなかったグリーンステージ。
やっぱり一度はここで観たかったなぁと後から思った。

P7300327-2.JPG
暑さもボードウォークではやわらぎます。


とりあえず一気にヘブンまで行く。


★Likkle Mai@ヘブン
日差しと暑さでぐったり。
が、Likkle Maiで気持ち良くなる。ゆらゆらふわふわ。
太陽とヘブンとLikkle Mai。最高の組み合わせ。

P7300338-2.JPG


★BROKEN SOCIAL SCENE@ホワイト
登場までの間、座ってひたすら日差しと闘う。
帽子かぶってるのにさらに上からほっかむり。
完全防備です。一瞬の気の緩みが命取り。

BSSの音は幸せ気分にさせてくれます。
笑顔で両手挙げて真っ青な空を見上げる。
ただただ幸せ気分で踊り続けました。
しかもアンコールまで!最高!!


★TRANSIT KINGS@ホワイト
なかなか面白かったけど、私にはちょっと難しかった・・
しかも途中からちょっと頭痛が・・動けなくなる。
しかしTHE REFUGEE ALL STARS OF SIERRA LEONEがかなり良かった模様。
迷ったんだよね・・移動すれば良かった。今回のフジ最大の後悔。


★TOBY FOYEH AND ORCHESTRA AFRICA@オレンジ
陽も落ち始めてようやく元気&食欲復活。
タイラーメンを食す。お腹も満足したところでTOBYです。
登場前のアナウンスで、今までにない新しい音楽です
的なことを言っていて、期待に胸が膨らむ。

いやぁ〜アフリカだった。
ジャズやロックも感じるけど、根底にあるのは
やっぱりアフリカのルーツ。アフリカのリズム
聴いたら勝手に体が動くよね。楽しかったー。

P7300347-2.JPG


★Sun Paulo@アバロン
TOBYがとっても良かったので、最後まで堪能してから
アバロンに行ったら既に始まってた。
前の方に行きたかったけど既に大混雑で入れません。
後方で友達と合流して、変にテンション上がりつつ
思う存分踊る。逆に空いてる後方で良かったわ。
狭いところで窮屈に体を動かすのは嫌いです。


★UMPHREY'S McGEE@ヘブン&THE THRILL@オレンジ
ヘブンに到着した時には、ちょっとヘビーな音を出してた。
今はこういう音聴きたいんじゃないんだな・・と思って、
何となくオレンジに移動。

前情報全くなくTHE THRILLを観る。ビッグバンド。
ビッグバンドとか好きですから、急に楽しくなっちゃって踊る。
疲れのせいかお酒が回ってきてぐるぐるするし、
でも楽しいし、踊らずにはいられない訳で。
3日間の最後をオレンジで、こんな楽しい音で終われるなんて
幸せだー!!なんて思いながら満喫。

終わって、帰り際にヘブンを通るとUMPHREY'S McGEE、
期待していた音を出してるじゃないですか!
これよこれ!!てな気持ちになるも終わってしまう。
ちょっと残念だったけど、THE THRILLも良かったので満足。

P7300372-2.JPG
終演後のヘブン。もう終わっちゃったのねーとちょっと寂しい。


そのままオアシスに行き、体力の続く限りマーキーで
と思ってたけど、観たかったDECECHOSも来日中止になって
既に体力も気力もなく、ホテルへ帰る。
部屋で皆で思い出を語り合ってから眠りについた。



こうして私のフジロックは幕を閉じたのでした。

posted by TOMO at 10:42| Comment(2) | TrackBack(0) | FUJI ROCK FESTIVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

FRF06 〜熊が出た!2日目〜

2日目です。曇一時雨。

この日の私的メインは夜中のリコ。
夜中に備えてお昼まで寝ます。
もちろん一度朝起きて朝食ビュッフェは欠かせません。

THE BENEVENTO/RUSSO DUOは気になったけど、
山頂の天国に行きたくてドラゴンドラに乗ることに。
乗り場に着くと長蛇の列。萎えつつも並んで乗車。
ゴンドラから見える会場の様子や、聞こえてくる音に
改めて良いフェスだなぁなんて思ってみたり。

P7290280-2.JPG

今年はゴンドラから熊の親子のオブジェが見えると
聞いてたのでさり気なく探してました。
ふと下の谷の方に目をやると黒い物体が・・・
お!熊のオブジェか?ん?でも一つだな・・ん??歩いてる!?
・・・てゆーかほんとの熊じゃーんっ!!!!!

はい。リアル熊目撃。

その後熊の親子のオブジェも無事発見。
ゴンドラ乗ってる途中に雨が降り出した。

山頂に到着するとトラさん発見!トラさんに抱きつき、
ラブラブ2ショット写真を撮ってご満悦♪

ソフトクリームを食べつつILL with勝井祐二を見てたら
雨足が強くなってきた。ゴンドラの運転時間の終了も
近づいてきたので再びゴンドラに乗って下山。雨止まず。


いったんホテルに帰って着替えてから
急いでアバロンへ。1日目に予約したマッサージです。
生き返りました。これは来年もやるね。

雨に塗れてかなり寒かったので、朝霧食堂でシチューを、
ヘブンで窯焼きピッツァを食べお腹一杯。満足。


★THE STRING CHEESE INCIDENT@ヘブン
演奏が始まると雨もやんで、星まで見えてきた。
素晴らしい演奏に素晴らしい環境、これ最強。
一人で見ながら泣きそうになった。てか泣いた。
心動かされたんだな。

しかし3時間半はさすがに長過ぎなので、途中でアバロンの
Double Famousに行こうと思ってたけどその場から動けず。
あっという間の3時間半。踊りっぱなし。感動しっぱなし。

P7290301-2.JPG

照明も非常に良くて、ステージじゃなくて
照明の人を見てるのも楽しかった。
この素晴らしい空間はアーティストだけが創り出すもの
じゃないんだよな・・って至極当たり前のことを感じた。
彼の創り出す光の芸術とチーズの音に包まれる最高の時間。
彼に恋をした気がした。キャハ♪


P7290304-2.JPG  P7290306-2.JPG キレイだね♪


このまま2日目終わってもいいやってくらい満足してた。
でもでもこれからなんですっ!!
再度ホテルに帰って休憩してから目指すはパレスオブワンダー!

と思ったらふと足が虫に刺されてることに気付く。
赤く腫れてる。気付いちゃったら痛痒い。
去年も虫に刺されていまだに痕が消えていない私は
恐怖におののき、オアシスの救護室にかけこんだ。
スポイトのようなものでスポスポ何かを吸い取ろうとするも
何も取れず。挙げ句に傷口をピンセットで穿り回される。

あのぉ・・・血、出てます・・・
でも何も取れず。何かすごいものが私の足から
出てくるんじゃないかと期待したのに残念。

薬を塗られ、お酒と激しく動くのはダメと言われる。
それは私に死ねと言っているのかい?
忠告は胸にしまっておくよ。ありがとう。ドクター。


★THE RUDE PRESSURES featuring Rico Rodriguez
マーキーでJUNKIE XLを軽く見てからパレスオブワンダーへ。
しかしテント前に大行列。入場制限されてます。
ま、まさか・・・これ2:45のリコに間に合わないんじゃ・・・・

だいぶ待った。かなり待った。もう待ちくたびれた。
でも待たないとリコに会えない・・・自然と口数も減り、
ただひたすら中に入れることを祈った。

やっと中に入れた時は既に3:20。
でも押していたらしくちょうどリコが登場する時だった。

間に合った・・・それだけでほんと泣きそうだった。
リコの鳴らす音を感じて体を揺らす。なんて幸せなんだろう。
リコが歌う。あーやばい。ほんとに涙出た。
至福の時間はあっという間に過ぎ去り、リコはステージを後に。


★TEGWON@ルーキー
幸福感と満足感に包まれつつ、ルーキーのTEGWONへ。
フジのステージということで、彼らの姿もまぶしく感じる。
後ろでじっと見ていた人たちも徐々に踊り始め、
そこはTEGWONワールドと化し、誰もが楽しんでいるように見えた。

空が白み始め、気温も結構低いのに、
ノースリーブで踊りまくり小汗までかいちゃいました。


清々しい朝。変な達成感を感じつつホテルに戻りました。

posted by TOMO at 20:20| Comment(4) | TrackBack(2) | FUJI ROCK FESTIVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FRF06 〜わっしょい1日目〜

さてさてフジロック1日目。曇一時小雨。

初日のしょっぱなにすることは決めてました。
マッサージの予約です。
ベテランフジロッカーからマッサージの話を以前聞いて、
年老いた身体にこれは嬉しいでしょー!ということで、
ゲートインした後そのままアバロンへ。
無事に予約を入れ、まだ人の少ないヘブンへ移動。

P7280200-2.JPG
(グリーンからホワイトへの道。よく見るアイツは何者?)


シャボン玉がいっぱい舞ってます。
キラキラと色を変えるシャボン玉に囲まれて
平和だな〜素敵な時間だな〜と実感。

P7280213-2.JPG



★BLACK BOTTOM BRASS BAND@ヘブン
お酒を飲みながらくつろいでると遠くからホーンの音が。
そう、BBBBが楽器を演奏しながら行進してきた。やっぱりキターーー!

P7280225-2.JPG

行進に加わります。輪がどんどん大きくなって、
皆笑顔で踊って手を叩いて。楽しー!ウキョー!
ステージに上がってからも彼らの楽しい演奏は続きました。
わっしょい!!!あの場にいた人たちの合言葉。


★OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND@オレンジ
アコースティックな音に心地良く眠りに誘われる。
夢見心地で音に包まれる至福の時。


P7280233-2.JPG
(クロマニヨンズが終わった直後のホワイト。人多過ぎてキモッ!)


★A HUNDRED BIRDS ORCHESTRA@ホワイト
その前に腹ごしらえ。森のハイジカレーを食す。
温泉たまごとチーズをトッピング。美味☆
程なくAHB登場。やっぱりフルオーケストラ編成だよね。
オーケストラの音にTeNの声が加わると鳥肌が立つ。
美しく切なく壮大な音に両手を広げて空を仰ぐ。
気持ち良過ぎて死にそう。


★GANGA ZUMBA@ヘブン
TOMMY GUERREROと迷いつつ、多国籍なメンバーの織り成す音が
気になってヘブンへ。ラテンな音にヤラれました。
好きです。この感じ。MCはいらないけど。


★OOIOO、矢野顕子@オレンジ
OOIOO、既に記憶なし。
矢野顕子、またもや心地良い眠りの中へ誘われる。


★NORTH MISSISSIPPI ALLSTARS@ヘブン
ブルース?ジャム?何でもいいや。カッコいい。
大人な雰囲気です。途中で怪しげな楽器のソロ。
音はギターみたいだったけどあの楽器は何?
かなーりカッコ良くてシビれましたわ。

P7280233-2.JPG


★マルコス・スザーノ+沼澤尚+内田直之 with 勝井祐二@アバロン
コレはヤバい!!完全にもってかれた。
そりゃこのメンツならヤバくて当然だわね。
アバロンの後ろの方で空の闇とステージの光と音が
一体となって襲ってくるのを感じる。


★MADNESS@ホワイト
いやぁ〜待ってましたよ、この時を。
いきなりONE STEP BYONDですわ。
周りの盛り上がりもすごいし私も盛り上がる。
残る体力を使い切るまで踊ります。
ぬゎんとリコがゲストで登場!吹いてます。
吹いちゃってます!震えてるのか震わせてるのか
その境界が難しいところでしたが、
爺さんほんとにまた来たんだね・・と感慨深いです。

ふと見ると近くにriddim saunterの太一君が!
話してる相手はさっきまで私の隣にいた人。
ってよく見たらヒロシ君じゃないかー!!
誰にもこの興奮を伝えることが出来ないまま
彼らは去って行きました。。。

そしてマッドネスもアンコール2回、
もちろんIN THE CITYも最後にやって去って行きました。。。



はぁ〜一日目が終わった・・と満足感と疲労感に包まれていると
友達からオールナイトフジにいるから来いと連絡が。
TIGA見たかったので行こうかと思ったら
トイレ行ってる間に入場規制。ボードウォークに入れません。

結局そのままトボトボ帰って一日目終了。


と思ったけど、その前にパレスオブワンダーで寄り道。

P7270191-2.JPG
(このオブジェ怖ぇ。目をこらして見て下さい。)


そして沖野修也 (KYOTO JAZZ MASSIVE)で軽く踊ってみるも
体力の限界が近いことに気付く。
オールナイトフジ行かなくて正解だな・・と思いながらホテルへ。

posted by TOMO at 14:54| Comment(2) | TrackBack(0) | FUJI ROCK FESTIVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FRF06 〜激烈前夜祭〜

フジロックに行って来ました。

P7300324-2.JPG  P7310383-2.JPG



木曜のお昼に新宿出発のバスツアー。
集合場所がちょっと分かりづらく、
駅から出てキョロキョロしてると
「フジロックに行く方ですか?」と話しかけられる。
フジロッカーは何となく同じ匂いがするもんです。

集合場所分かります?分かりづらいですよねぇ〜

そんな会話をしながら、同じ匂いがする人達が
向かう方向に何となく進んでいく。
と、また同じ匂いがする人達が集まっていた。

集合場所到着。バスに乗り込みいざ苗場へ!!

何故か一番後ろの座席で修学旅行的に盛り上がってみる。
行く前からハイテンション。

数時間のバスの旅の後、見覚えのある風景。

きたーーー!!!!!苗場到着!!!!

フジロックに来たと実感する瞬間は人それぞれだけど、
私が最初に実感するのは苗場プリンスホテルが見えた時。
これから始まる夢の世界にワクワクドキドキ☆

チェックインを済ませて部屋に入る。
リストバンドをどうつけるかでしばし悩む。
いや、付け方が分からないとかじゃなく、
どうつけるのがカッコ良いか。リストバンドの付け方で
あんなに熱く語り合ってたのは私たちくらいじゃなかろうか。


結局普通に付けた後、前夜祭へ。初前夜祭です。
とにかく盆踊りでジャンプするらしいよ
そんな情報だけを頼りに会場へ。

会社を休んだり、一生懸命お金を貯めたりして
ここにやってきた愛すべきフジロックベイベーたちが集ってます。


乾杯をして、プラプラしてると、何やら盆踊りが始まる模様。

P7270159-2.JPG

いぇーいっ!フジロックの始まりだーっ!!!!
もうテンションMAXです。
盆踊りの輪の中に入って、見よう見まねで踊ってみるも
まるでついていけません。そうか、ジャンプだ。
結局ジャンプするところしか覚えられませんでした。

小腹が空いたので早速もち豚に並んでみる。
もち豚ついでに隣のお店で日本酒も買ってみる。
フジの興奮とお酒の勢いで完全に変な人になってました。キャハ♪


花火も上がって、DJ MAMEZUKAのスタート。

P7270168-2.JPG

のんきにあまり美味しくなかったナシゴレンを食べてたら
ケミカルがかかったので、急いで食べてマーキーの中へ。
しかし混み過ぎ。しかも暑いし。外に出て一踊り。

またもやプラプラプラプラ。プラプラしてたら、
マーキーから「FLOGGING MOLLY!」との声が!!
前情報で聞いてはいたけどホントだったのねー!!!
とついつい駆け出しマーキーの中へ。

マーキーの後ろの方で、サンダルのまま足を踏み鳴らして
踊って飛んで跳ねて叫んで拳振り上げて。
我ながらかなりのハシャぎっぷりでした。息切れ甚だしいし。

FLOGGING MOLLYは今までの来日も観てるけど
何だか今まで以上にハシャげたのはフジだったからかも。


という訳でこの日の体力を使い果たしました。早っ。
少年ナイフをちょっとだけ見てから早々にホテルに帰りました。


posted by TOMO at 14:31| Comment(2) | TrackBack(0) | FUJI ROCK FESTIVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。