2006年07月09日

+DELUXE+@渋谷LUSH

またもや一週間前のライブの話。


DELUXE+
2006/6/30(FRI)@渋谷LUSH
OPEN 18:00 - CLOSE 23:00

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
Flying Rhythms

DJ 光 (BLAST HEAD / GRASSROOTS)
DJ HIROKI MURAI (HEDONIST PRODUCTION / SYNCHRO)
+


前日に思い立って急遽行くことにしました。

会場に到着したのが19時半前。
とりあえず飲んでるとほどなくFlying Rhythms登場。
春の渚でちらっと見て以来。

混沌とした世界に引き込まれる。
頭の中がぐるぐるする感じで気持ち良くなる。
脳内ドラッグ出ちゃう感じ。

が、ちょっと長くて途中で飽きました。
あははー。


途中のDJは光だったのかな?
友達と合流してずっと話してたので
ほとんど聞いてませんでした・・。


21時半過ぎにようやくこだまさん登場。

いやー驚いたね。素晴らし過ぎて。
なんかもっとディープな感じだと思ってたんだけど
意外にさわやかというか聞きやすいというか
こだまさんのトランペットが歌ってて
とにかく気持ち良く体を揺らせる感じだった。

なんとも幅が広い音。凝り固まってない、
いろんな音を吸収して昇華させた音。大人な感じ。

MCで言ってたことも、大人な言葉で
ちょっとぐっときた。忘れちゃったけどw

アンコールでこだまさんが歌ったんだけど、
私としてはちょっといただけなかった。
友達はかなり感動してたけど、
おじさんのカラオケのように聞こえてしまったのよね。

それまでがあまりに良過ぎたので
そんなのはどうでもいいんだけどね。



しかし一週間経つとこんなにも記憶が薄れるものかと
衝撃を受けるほど、細かな記憶が飛んでる。
感想は早く書かないとダメだな。ちょいと反省。

posted by TOMO at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

こだま和文、10年ぶりのバンド・サウンドを!
Excerpt: 20060712
Weblog: ZOOM Up
Tracked: 2006-07-27 23:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。