2006年11月12日

銀座INTERNATIONAL JAZZ FESTIVAL

銀座INTERNATIONAL JAZZ FESTIVAL


Les Pommes de ma Doucheが観たくて、
だいぶ前にホールの招待券申し込んでました。
全招待なんです。抽選なんです。
なんとなく当たる気がしてたんだけど、
待てど暮らせど招待券は届かず。そのまま当日。

ハズれたんだね。

ホールで観れなくても、デパートの屋上とかでもやっちゃうんです。
それ目当てで行って来ました。11月4日。
どうせ行くなら・・とブルーエアロとかも観たかったけど、
朝帰りですから、もちろん早い時間から行動出来る訳はなく。


お昼過ぎに銀座に着くと、街自体に人が多くてウンザリ。
昼の銀座に行ったのはちょっと久しぶりだったけど
毎週こんななのか?今回ジャズフェスやってたからか?
とにかくウンザリゲンナリ。
いったん東銀座の空いてる方へ移動してランチ。


それから三越屋上で小沼ようすけを観ようかと思ったら
これまたスゴイ人。ゲンナリして去りました。

銀座ジャズフェスって今回初めて行ったんだけど、
意外と認知度高いんですかね、お金持ちそうな
おじさま、おばさま方がたくさんいらっしゃいましたわ。


で、銀ブラです。ブラブラブラブラ。

Les Pommes de ma Doucheはやっぱり観たかったので、
開演時間1時間程前に会場に行ってみると、なんと入場規制。
松屋の屋上だったんだけど、エレベーター乗る前から
スタッフが「入場規制してます」のアナウンス。
諦め切れなかったので、とりあえず屋上まで強行突破。
そしたら難なく入れました。
でも私たちが入った直後に、もう完全に入れない状況に。

が、脇の通路に人が集まってきて、むしろそっちの方がよく
見えるんじゃ・・・・っていう悲しい状況。
しかも座っちゃって、先に来た私たちの方が、
見えないわ座れないわで悲惨な感じですよ。おぃおぃ。


そんな状況の中、ひたすら待ちました。
寒空の下、待って待ってようやく登場!
ジプシー・スイングって言うんですかね。
何とも懐かしく、軽妙で楽しいけど、どこか哀愁を感じる音。

しかし疲労感この上なかったので途中退散ですわ。
ほとんど楽しめず。残念。

あぁ〜ホール招待券取れなった時点で諦めれば良かった
と後から思いましたが、後悔先に立たず。


厳しい状況下では、好きな音楽も楽しめないタイプです。
オホホホ☆
posted by TOMO at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。