2007年05月27日

Salud!! @nano LOUNGE&BAR

既に2週間も前の出来事ですね、
新宿三大FESの一つ、『Salud!!』。
記念すべき、ワタクシ初DJの日でございます。

そんなね、基本的に人様の前に出て
何かするとか大の苦手な訳ですよ。
お願い、私を見ないで・・・みたいなタイプです。

それがやると決めちゃったもんだから突っ走るしかない。
自分の好きな曲を爆音で聴いて酒を飲む。それだけの為に。
あとあれね、冥土の土産。


当日はちょっと早めに集合して
お店近くで軽く一杯。もちろんサルー!で乾杯。

ちなみにTIME TABLEはコレ↓
 15:30〜16:00 TOMO
 16:00〜16:30 BAKKU
 16:30〜17:00 Konpex
 17:00〜18:10 IB
 18:10〜18:40 (LIVE)
 18:40〜19:20 TOMO
 19:20〜20:10 Bakku
 20:10〜21:00 Konpex


お店入って一通りCDJ操作を習う。
えぇ、ほんとに基本操作だけでしたので
まぁ何とか操作できました。何とかね。
再生ボタン押し忘れたりもしたけど。何とかね。

しかしお客さんが来ません。
15:30からだってアピールしたにも関わらず。
一気に気が抜けて、落ち着いて出来ました。
いや、落ち着いてはいないかな。ふふ。
徐々にお客さんも増えて、一回目のDJ終了。

二回目の時には良い感じにお酒も回って楽しんで出来た。
まさに好きな曲を爆音で酒飲んで聴く。最高。
そして自分の選んだ曲で自分が一番踊ってた。
あ、爆音ではなかったな。そこは残念。
でも家で聴くより全然大きいからね。
しかもそれを人が聴いてるという変な興奮。
なんかエロいね。ん?

セットリストは後でまとめて書きます。


続くBAKKUさんはアナログレコードを華麗に捌き、
素敵ミュージックを流してくれました。
かなり気になる曲もたくさん。センス良い。
ちなみにケースがヴィトンでした。すげ。


IBさん。車椅子DJ。時々挟む余裕のMC。
なんかね、サマになってるよね。彼も今回初DJだった
はずなのになんだか小慣れてます。カッコ良いぜ。


それからLIVE。
ルナシーがゆずのカバーする感じ?とか聞いてて
どんなだかまるで想像つかなかったんだけど
意外にも(失礼。)とても良かった。本格的だし。


そして最後は企画者のKonpexさん。
この人に出会わなければ、私は多分DJなんて
やってなかったと思うし、音楽知識の幅広さ、
そしてセンスの良さはほんと尊敬してます。

バグパイプの音から始まり、アイリッシュやら
ジャズやらブラスやらスカやらサルサやら何やら。
猪木のサンババージョンまでかけるさすがの幅広さ。
後半は踊る人も出てきて盛り上がりつつ終了。



終了後、飲みに行った訳ですが、
やっぱり何だかんだで疲れてたらしくぐったりしちゃいました。
しかも翌日から体調悪化。何故か声が出なくなりました。
おかま声に「どんだけぇ〜っ!」を連発。しません。


何はともあれ無事終了。
今まではお客としてイベントを楽しんできたけど、
今回逆の立場を経験して、また別の角度で
音を楽しめた気がします。当然難しさも感じたけど
「音を楽しむ」という形にはいろいろあって
新しい楽しみ方を知ることが出来ました。
なんて真面目に語ってみたりして。キャハ。



【他の2人のDJレポ】
 IBさんレポ
 Konpexさんレポ


ということで長いですね。疲れました。書くのに。




★セットリスト★

〜前半〜

1.Song for Tommy & Roland/Jim Murple Memorial
  フランスのSKAバンド。
  女性ボーカルが魅力的なバンドですが
  今回はあえてインストの曲をチョイスしました。
  なんて特に意味はありませんが。

2.Latin goes Ska/THE SKATALITES
  やっぱりね、SKATALITESはかけたいよね。

3.Housewife's Choice/Derrick + Patsy
  Patsyちゃんの歌声がかわいいです。

4.RAT RACE/THE SPECIALS
  やっぱりね、SPECIALSもかけたいよね。

5.Smile/The Boldies featuring 今野英明(ex.Rocking Time)
  Chaplinの映画「Modern Times」のラストで使われた曲。
  さまざまなアーティストにカバーされてきた名曲ですが
  Boldiesらしくアレンジされてます。

6.Santeria/SUBLIME
  SUBLIMEの中で最も好きな曲。名曲です。

7.A Decir/Che Sudaka
  スペイン・バルセロナのミクスチャー・バンド。
  レゲエ風に始まりますが、途中からPUNK風に。
  アゲアゲでいきたい曲。

8.The Kilfinane Parish/Siobhan
  IRISHのコンピ「Shite 'N' Onions」に収録されてる曲。
  下北沢の古着屋でたまたま流れてて、
  このアルバム何ですか??と店員さんに聞くだけ聞いて
  服は何も買わずに帰ったという思い出の(?)アルバムです。

9.Sleeping In The Gutter/THE BARKING DOGS
  RUSTIC。日本が誇るRUSTIC BAND、LOS RANCHEROSの
  BANG-JOEさんが、たまたまヨーロッパで出会って
  日本での発売にこぎつけたというエピソードあり。へー。

10.Gitan De Paname/Balbino Medellin
  ボーカルの声が好き。顔が好き。キャイ〜ン♪



〜後半〜

1.Assanhado/Ramiro Musotto
  アルゼンチン人パーカッショニスト、ハミロ・ムソット。
  ビリンバウに魅せられてブラジルに渡ったらしい。
  ブラジルの伝統音楽+エレクトロニカ。

2.Soso/Pierre Maizeroi
  フレンチ・カリビアン。
  アップテンポなカリプソ風で、踊れる一曲。

3.Cuando, Cuando/Marius Cultier
  こちらもフレンチ・カリビアン。
  再発されたアルバム「A La Place Des Arts」は
  ホントにどの曲も素晴らしいです。

4.La Reina Del Cafe/Rudy Calzado
  キューバ音楽。声が素敵です。

5.El Cumbanchero/Porfi Jiminez Y Su Orquestra
  Rafael Hernandezのラテン・スタンダード・ナンバー。
  スピード感溢れるメロディーは情熱的でアツくなります。

6.Happy Soul With A Hook/Dave Cortez And The Moon People
  FANIAから出ている「El Barrio - The Bad Boogaloo」という
  コンピアルバムの曲。サブタイトルの通りワルい感じの
  ブーガルーが集められた激ヤバな1枚。中でも
  ちょっとソウルフルな曲をチョイスしてみました。

7.Je veux danser/Petting
  ドイツ・ベルリンのバンド、Petting。
  フランス語、ドイツ語、英語を巧みに操るらしい。
  かなり若い。ポップで声もかわいらしい。

8.Oscar Tramor/Los Carayos
  MANU CHAOが昔やっていたバンド、Los Carayos。
  最高です。ノリノリチューン。

9.Happy Cajun/Pookiesnackenburger
  イギリスの大所帯RUSTICバンド。
  TRADの名曲カバー。足踏み鳴らして踊りたい。

10.Rockabella/The Ace Cats
  ジャーマン・ネオロカの代表格、Ace Catsの
  人気定番曲。盛り上がらない訳がない。

11.I Wanna Be Like You/Big Bad Voodoo Daddy
  スィングロック。特にこういうラテン色のある曲は
  ほんっとにカッコ良過ぎます。失神寸前。

12.150〜300/吾妻光良 & Swinging Boppers
  1979年結成のジャンプ・ブルースバンド。
  ユーモアと哀愁感じる歌詞にノリノリサウンド。
  この曲誰?の質問が一番多かったのがコレ。

posted by TOMO at 21:26| Comment(2) | TrackBack(2) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セットリストをこうやって並べると素敵ですね。
SPECIALSなんてかけてたっけか??

とにかく俺は、友達とは話さず、かかる曲を一人で楽しもうとはしてたけど聞き逃しは多数だな…

後半の前半が「さすが!」な感じでしたよ。
TOMOさん抜擢して正解でした。
IBとTOMOさんは悔いナシ!

次回は朝霧終わった後位(10月辺り)にもう一発nanoでやりましょう!
次回は2,000円にして食い物の量を増やさせます(笑)


Posted by コンペックス at 2007年05月29日 23:23
すんません、放置してました・・・

今回はホントありがとうございました。
良い冥土の土産が出来ましたw

選曲は結構考えてた割りに
前日に急に変えたりしたんだけど
それがまた良かったのかななんて思ったり。

次回は秋ですか。
食べ物多めでお願いします。食欲の秋ですから。
Posted by TOMO at 2007年06月09日 10:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

The Complete Atomic Basie
Excerpt:  ニール・ヘフティをアレンジャーに迎えた58年の作品。ベイシーのピアノをメインに置いたアップ・テンポの"The Kid From Red Bank"から、人気曲"Flight Of The Foo B..
Weblog: Big Bandをあげる
Tracked: 2007-09-28 02:54

Duke Ellington & John Coltrane
Excerpt: "Johnny Hartman"がプレスティージ、アトランティック時代の面影を残すフォービートジャズとなっている。巷間言われるマウスピースの不調による、オーセ
Weblog: Big Bandをあげる
Tracked: 2008-01-29 12:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。