2005年08月06日

フジロック'05 3日目

今日も朝8:00起床。今日も晴れてます。
朝食ビュッフェへ。昨日も今日も和食テイストチョイス。

友達がドラゴンドラに行くというので
一緒に行こうかと思ったけど、THE PEACE IN LOVE PERCUSSIONSに
間に合うか微妙だったので諦めた。
ドラゴンドラ乗りたかったなぁ〜

今日はまた雨降るとデジカメ撮れないし・・
と思ってデジカメは置いてきた。
が、今日は結構晴れが続いて、後から後悔。


そしてのんびり支度してホワイトへ。
あふりらんぽです。女の子二人組み。
なんかすごいです。ものすごい個性。
朝から見るには濃すぎたのでオレンジへ移動。


THE PEACE IN LOVE PERCUSSIONSを座って待つ。
友達が続々と到着。合流。
みんな国宝級のパフォーマンスに期待。

最初は1人、それから増えて7,8人?
アクロバティックなパフォーマンス。
でも想像してたのはもっと大人数でもっとアクロバティックで
もっとアフリカントランス(?)みたいなもの。想像と違った。

ヘブンに移動した。

後から聞いたらその後炎で金魚芸みたいなのやってたらしい。
それ見たかった。


ヘブンではSPECIAL OTHERSがやってた。
やけにタワレコがオシてたから、天邪鬼で聞かずにいたんだけど
これはイイ!ジャムバンドです。
ポップでクールでスタイリッシュ。ステキです。


そのままヘブンでbonobos。
最っ高に気持ち良い!
気の向くままに体を揺らす。
この天気でこの場所でこの音楽。他に何もいらない。最高。


そして一気にグリーンまで移動してEGO-WRAPPIN'。
よっちゃんセクシー。かわいい。
グリーンの大きなステージを所狭しと動き回ってる。
歌うだけじゃない、体全部で曲の世界を表現してる。
誰もが期待していたであろうくちばしにチェリーはやらなかった。
あえてゆるい曲を選曲したのか、グリーンはヘブンになってた。


そしてOASISでLos Lobosがミニライブをやるっていうんで行ってきた。
アコースティックです。ステキ。
木道亭でもやってたらしいからそっちで見たかったわ。


しばらくしてやっぱりホテルで休もうと思い移動。
苗プリまで結構遠いけど、ベッドで休むと疲れが取れる。
結局ホテルから会場までの道でまた疲れちゃうんだけどね。


Royksoppから見ようかと思ってたけど間に合わずホワイトへ。
グリーンを通る時、ちょうどThe Beach Boysの最後の曲だった。
楽しそうだった。

The Beach Boysが終わったのでホワイトへの道は大混雑。
なかなか前へ進めない。
やっとところ天国に到着。やっぱ酒だろ。
一日目も飲んだところ天国BARのフレッシュカクテル(?)。
フレッシュなフルーツを絞って入れるのです。
フレッシュフルーツで体リフレッシュ。
フルーツそのままも販売してました。
いい感じに飲んでBOOM BOOM SATELLITESに備える。


BOOM BOOM SATELLITES登場!
日が暮れる寸前の絶妙な明るさの中、一気に上昇。
ものすごい迫力。この音がこの自然の中で見事に調和してる感じ。
暗くなる頃には小雨が降り始めた。
と思ったら結構な勢いで降ってきた。
でも昨日の教訓から今日はレインスーツの下を最初からはいていた。
上を着ればもう完璧。
しかし何故か彼らの音と雨がよく似合っていた。
雨の勢いが増すごとに気分も盛り上がり、
踊りまくるとはこのことだってくらい踊った。


そしてアバロンで夕飯。
私の中でフェスご飯定番は沖縄そば、ロコモコ、タコライス。
もっといろいろ食べればいいのに、結局この定番にたどり着く。
そんな訳でロコモコチョイス。
雨は結構な勢いで降り続いてる。
立ったまま、雨が降り注いでおかゆになっちゃうんじゃないかと思いながら
ロコモコを食しました。

近くにいた女の子二人組みが、
「雨すごいよぉ〜どうするぅどうするぅ〜?ご飯食べれないよぉ〜
みんなこの雨の中立ったまま食べてるよぉ〜すごいなぁ〜慣れてるなぁ〜」
って。初野外フェスだったのかな?
雨の中の立ち食いもなかなか良いもんだぞ☆


そしてそのままアバロンで犬式(a.k.a. Dogggystyle)。
凄いものを見せられた。鳥肌が立った。
三宅から発せられる言葉が心の奥深いところまで届いてくる。
上っ面でも、カッコつけでもない、裸の言葉が届いてくる。
詩を書き込んだ紙を丸めて観客の方に投げた。
言葉が届く、それが形として見えた気がして感動した。

ただ魅せられるだけじゃない、彼らと観客が一体になる。
ものすごい盛り上がりよう。ただ盛り上がりたいだけじゃない。
三宅の言葉が、犬式の奏でる音が観客一人ひとりに届くから
奮い立たずにはいられないのだ。
声を出し、手を挙げ、体を揺らす。

最高の瞬間だった。
この感動を忘れないように、このまま帰ってもいいやと思った。


でもここで終われないんだな。
オレンジのLos Lobosで締めるか、グリーンのNew Orderで締めるか悩んでた。
けど、犬式でもう帰ってもいいとまで思ったから、自然と足はグリーンへ。
途中ホワイトのSouliveをトイレに並びながら堪能。


そしてグリーンへ。New Order。
懐かしい感じになるかと思ったら、全然盛り上がる。さすがだ。
Kraftyを日本語で歌ってた。いろいろ言う声もあるみたいだけど、
いいんじゃない?サービス的な感じで私は楽しかった。
日本語で歌う様はかわいかったぞ。

アンコールではBlue Monday。
カッコ良い〜っ!やっぱすげぇーよ。ってな気分に。


十分満足したので部屋に戻ろうと思ったけど、
せっかくだし・・という気分になり、PRIMAL SCREAMも見ることに。
でも数曲で退散。


部屋に戻りました。
早朝に起きてKODAMA AND THE DUB STATION BANDを見たかったけど、
そんな体力は残っておらず、私のフジロックは幕を閉じました。


posted by TOMO at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | FUJI ROCK FESTIVAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。