2005年10月16日

ala ”Point of view" Release Tour Final@下北沢SHELTER

<ala 1st Mini Album ”Point of view" Release Tour Final "SEVEN COLOR SAUCE WITH」>
OPEN 19:00 / START 19:30
ala / riddim saunter / creamstock



19:30STARTだったので軽く食べてから行こうという事で
SHELTER近くのガラ空きパスタ屋へ。
しかしチョイスミス!意外に本格派で出てくるのが遅かった!
19:20過ぎにやっと出てきてほとんど話さず速攻で食べる。
味わうより飲み込んだだけ状態。

何故そんなに急ぐってお目当てのriddim saunterが一番手だって知ってたから。
しかも空いてるだろうと見込んで最前列狙ってましたから。

そんなこんなで19:30少し過ぎて会場に入ったのかな。
ちょうどriddimが始まるところです。
てゆーかものすごい人の数。
えーっ!!みんな何目当てなの??
しかもものすごい年齢層若いんですけど・・・
最近の若者の流行に疎いことを忘れて、
自分の知らないバンドはみんな知らないバンド的感覚が
大間違いであることを再認識させられました。


最前狙ってたけど当然無理。ほぼ動けません。
でもイヤな顔されながらも何とか前方まで移動。
もうね、riddimにはミーハーなんです、私。
最前列でニヤニヤしながら観たい訳ですよ(変態)
かなり久々に観ましたが、いつ観ても素敵です。
ナガミ君のブリブリベースに首ったけです♪
しかしあんまり盛り上がってなかったわ。
棒立ち状態。何でしょう・・あの雰囲気・・・
あの状況で盛り上がる訳にもいかず私も棒立ち状態になってました・・。
後ろの男の子は激しく盛り上がってましたが。


しかし混み過ぎでこの時点でかなりウンザリ。
SHELTER良いハコだけど人が多過ぎると最悪です。
ドリンク持って大混雑の中無理矢理移動してたら
「やだぁ〜超迷惑ぅ〜こぼさないでよぉ〜」
くらいな目で見てきます(被害妄想)。
移動しないとどんどん入口&ドリンク周辺混むだろがぁっ!
なんて怒りを抑えつつ大人に振舞います。


続いてcreamstock。
初。名前を聞いたのすら初。
3ピースで、THE BAND APARTとHAWAIIAN6足して2で割った感じでしょうか。
しかしなんだか物足りません。声にパンチがない。
しかも英語が下手。英語まるでダメな私が聞いても分かるくらい下手。
日本語で歌えばいいのに。
キャラもたってて良い感じなのにもったいない。
ちなみに見た目ブサイク(失礼)なのに、曲名はミルクティーとか
オレンジシャーベットとかかわいいです。


そしてalaが始まる頃には入口の階段付近に避難。
ステージはまるで見えません。
ala観ずに帰ってもいいくらいの気分になってます。
しかしせっかく友達がCD焼いてくれて何回か聴いてたので
ちょっとだけ聴いて帰ろうと。
しかもメンバーにイケメン(死語?)いると聞いちゃぁ
見ずに帰る訳にはいきません。
ala登場と共にぎゅうぎゅう詰めの会場が盛り上がります。
前方にいたカバン持ったまま棒立ちだった女の子たちは大丈夫なんでしょうか?
モッシュにやられて「キャー怖いー痛いー!」なんて
騒いでたんじゃないでしょうか。
結局最初の数曲聴いて、良くも悪くもCDのまんまだねって感想を持ち、
チラっと移動してステージ拝見し、あーイケメンだねって感想を持ち、
会場を後にしました。


しかし混み過ぎです。
基本的に踊りたいタイプなので、あの状態はツライです。
しかもあれだけ混んでちゃ急にトイレ行きたくなっても
移動出来ずに漏らしちゃいますって。危険です。


posted by TOMO at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8210982

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。