2007年04月15日

渚音楽祭・春2007@お台場オープンコート

渚音楽祭・春2007 @お台場オープンコート
DAY 01
4月7日(土曜日) 13:00〜20:00
DAY 02
4月8日(日曜日) 9:00〜20:00



恒例の渚。超都市型野外フェス。
今回は2日間行ってきました。

土曜は14時半くらいに入ってまずは乾杯しつつCRO-MAGNON。
晴れてるし気持ち良ーく踊れた。

続いてSLY MONGOOSE。
うーん。なんだか最近のスライのライブはちょっと違う。
ブリブリベースは大好きなんだけどなー。

それから渚で大評判のオムライスを食べる。
が、評判の割りに普通だし、別のイベントで食べたことあったし。
トロトロ玉子とソースは美味しいけど、ご飯がね。

そして隣で何やら美味しそうなものを持ってる人がいたので
何か聞いてみると東山食堂のロールケーキ。
早速買いにいくと、ちょうど我々で売り切れ。
一歩遅かったら食べれなかった!
ロールケーキってふわふわなイメージなんだけど
かなりしっとりしてて、濃厚なんだけど甘過ぎない、絶妙でした。

フェスでは結構WORLD的なフードはたくさんあるけど
甘いものが少なくて、お酒飲んでも甘いもの食べたい私は
こういうのはかなり嬉しい♪♪

そしてYOKUで踊るもイマイチ盛り上がらず。

こだまさんに備えてその前の1945 a.k.a. KURANAKAを観てみると
これがなかなか良かったです。結構ヘビーな音で。
そしてこだまさん登場。カッコ良いねー。

左側からはトランスが聞こえるという異様な状況の中、
こだまさんのトランペットの音が響き渡ります。
気持ちよくグルグル。

雨が降り始めたので途中で帰ったけど、
混み具合も適度で、心地よく楽しめました。


【続き】 2日目も読んでみる??
posted by TOMO at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

THE SLACKERS@渋谷LUSH

THE SLACKERS BIG TUNES! TOUR Final
2007/3/27(tue)@渋谷LUSH

LIVE :
THE SLACKERS (NYC)

Opening Act :
RIDDIMATES



行ってきました、SLACKERS。
前回来日した時は下北沢のSHELTERで見ました。

祝日のLOFTと迷ったけど、
LOFTはオイスカ出るし混みそうだなぁー
ということでLUSHに行った訳ですが、
思ったよりも全然人が入ってて、
しかもLUSH狭いから逃げ場がなくてかなりウンザリ。

チョイスミスだったな。LOFTなら混んでも逃げ場あるし。

ということでSLACKERSは最高にカッコ良かったけど
存分に楽しめず残念。

開演ギリギリに行ったら会場の外にメンバーがいて、
写真一緒に撮ろうと思ったけど
小心者で声掛けられなかったー英語分かんないし。

一緒に写真撮ってもらっていいですか?

って英語で何て言うんだ?次回の為に勉強しておこう。


あ、今回もブルーハーツのカバーやってた。
「人にやさしく」だっけ?
前回もブルーハーツのカバーやってたんだよね。
好きなのね。

posted by TOMO at 11:07| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の彩音@横浜Bay Hall

春の彩音 〜zion〜
2007年3月25日(日) @横浜Bay Hall
Open/Start 15:00〜

【LIVE】
 BAGDAD CAFE THE trench town
 Breathe Lites
 Cool Wise Men
 FRISCO
 RIDDIMATES
 RISINGTONES
 THE JAPONICANS

and more...



この日はSAFARI MUSIC FESTIVAL
今年初野外イベントのはずだったけど、
諸事情により急遽行けなくなったので
代わりにこちらのイベントへ。
SAFARIでオラウータンと一緒に写真撮りたかったなぁー。


とりあえず中華街で肉まん買って山下公園へ。
ポイで遊んだり、ジャグリングの人と話したりしつつ
会場へのんびり向かった。
既にJAPONICANSは終わっててRIDDIMATESから。

てゆーかもう2週間も経つと覚えてないね。
どんな感じだったか、何を思ったか、思い出せません。

まぁ、FRISCOでゆらゆらして、
RISINGTONESのあの歌でキュンとして、
Cool Wise Menで盛り上がりについていけなくなり、
BAGDAD CAFEでノリノリで、疲れ果てて途中退散。


SKAっぽいイベントは久しぶりだった。
こういうイベントに行くと懐かしい面々というか
こういうイベントでしか会わない友達に会えるのが嬉しい。
やっぱりイイなぁ〜と思いつつも
そんなに踊れなくなってる自分の体力と気力にちょっと凹む。

なんだかDJタイムに知人たちが激しく盛り上がってたので、
同じように盛り上がって踊ってたのがこたえたのかも。
その時は楽しかったけど、後からやっぱり若くないな・・と実感。

あ、イベント前に公園で遊んだせいか。

どっちにしろ体力ないな。

フジロックに向けて走りこみでもするか。

無理。
posted by TOMO at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

WISDOM@代官山UNIT

WISDOM@代官山UNIT
【DATE】 2007 / 3 / 20 (火・祝前)
【TIME】 OPEN 21:00 / START 22:00
【CHARGE】 Adv: 3,000yen / Door: 3,500yen

【LINE UP】
UNIT : 〜LIVE FLOOR〜
○"moon session"
SUN PAULO
○"midnight groove"
quartz-head 05
○"earth session"
SUN PAULO
+ GOMA da Didgeridoo
+ LATYR SY(FLYING RHYTHMS)

DJ: 川辺ヒロシ(TOKYO NO.1 SOULSET/GALARUDE/inK)
Visual: 迫田 悠 / ヤマダヒデト
Chillout Cafe "Romantico" by Candle JUNE




恒例のWISDOMです。
今回はいつもとちょっと趣向が違うらしく、
22時のスタートからSUN PAULOの1set目があるとのことで
22時過ぎには会場入り。空いてます。てゆーか始まってます。
が、普通に最前列まで行けちゃいました。

1set目はゆっくりと少しずつ合わせていく感じ。
じらされつつじわじわと攻められる。ムフフ。
ちょっと物足りないくらいが心地よい。

GOMAとLATYR SYは2set目だけかと思ってたら1set目から登場。
みんな遊んでます。音で遊べるのって素敵だなー。

途中UNICEで休憩して、2set目。1set目とは違います。
歓喜と絶頂の狂喜乱舞。気持ち良過ぎだって。死ぬって。


あぁー皆既日食見たい。奄美大島で。

去年の渚の皆既日食ブースで、野外フェスで皆既日食を楽しむ
みたいな外国の映像が流れてたんだけど、
それはそれは美しく、そこには音楽も何もいらないんだけど、
でも日食が始まる前とか後とかに音楽があったら素敵だよね。
って感じで奄美大島でそんなイベントを去年くらいから
毎年2009年に向けてカウントダウンでやってるらしい。

でも、実際は奄美大島で大きなフェスを受け入れられるだけの
いろんなキャパがなくて、いろいろ問題ありっぽい。


てゆーか何でいきなり皆既日食なんだって?
なんかね、以前SUN PAULOの音楽には
太陽を感じるって書いたことがあるんだけど、
皆既日食もすごいイメージ出来るんです。
太陽って言ってもさわやかな太陽と海♪みたいな太陽じゃないし。
太陽のパワーとか神秘とかメラメラした感じとかとか。。
実際彼らも去年だか皆既日食見に行った話してたせいもあるかも。

そんなこんなでSUN PAULO→皆既日食ってことで
支離滅裂な内容になりました。テヘ。
posted by TOMO at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

Gitano Family Live

Gitano Family Live with GG
2007年3月19日(月)
場所:赤坂November Eleventh
開場:18:00 1部:19:30〜 2部:21:30〜
※ゲスト:ジプシーNico



SYNCHRONICITYで疲労困憊になった翌日月曜日、
Gitano Familyを観に赤坂に行ってきました。

会場のNovember Eleventhは阿木耀子&宇崎竜童の経営する
ライブビストロ。ライブビストロって初めて聴いた。
お食事にも手を抜いてないという意気込みが感じられるね。
美味しかったです。キャベツステーキ!


で、Gitano Familyとは、「リーダーであるJulio Romeroと
現Gipsy kingsメンバーのPatchai Reyesが息子や甥達を集め始動したバンド。
しかし、PatchaiはGipsy Kingsに加入したため離脱する。
その後はリーダーJulioを中心としつつ Canut Amador(現Gipsy Kingsメンバーの息子)、
Josephy Gautier(現Chico & the Gypsiesメンバー)ら若手のメンバーを起用し
精力的に活動しており、数多くのライブをこなしている。」そうです。
オフィシャルHP→http://www.gitanofamily.com/(いきなり音出ます。)

メンバーは流動的なようですが、今回の来日メンバーには
Gipsy Kingsメンバーたちの甥っ子にあたるLittle Patchaiが来てまして、
育て親Chico Bouchiki(元Gipsy Kingsリーダー)のプロデュースで
ソロアルバムも発表している人。体は小さかったけど
歌と演奏はダイナミック。素敵でした。


しかし皆さんかなり自由度が高く、即興で歌の掛け合いやったり、
演奏終わったかと思いきや突然また始まったり、非常に楽しかった。

観客の平均年齢は42歳(推定)くらいでした。
しかし満員御礼、立ち見が出るほどで、Gipsy Kingsのおかげか
意外と人気があるんだなぁと驚きましたゎ。


マエストロ!!!

posted by TOMO at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SYNCHRONICITY @代官山UNIT

SYNCHRONICITY @代官山UNIT

【DATE】 2007 / 03 / 18 (Sun)
【TIME】 OPEN / START 15:00
【CHARGE】 Adv.3,800yen / Door.4,300yen

【LINE-UP】
■OPENING DJ ・ALTZ(F.O.L)
■LIVE
・渋さ知らズオーケストラ
・cro-magnon
・copa salvo
・tegwon
・GROUP
■DJ
・光(BlastHead)
・ALTZ(F.O.L)
・Kentaro Iwaki(Dub Archanoid Trim)
・DJ HIDE(KEMURI PRODUCTION)
・DJ HIROAKI(PSYCHOGEM, PLAYGROUND)
・sandnorm
■PERFORMANCE ・SARO(-kikyu-) ・鉄割アルバトロスケット
■VJ ・矢吹和彦(-kikyu-) ・eetee(Nur.) ・NATIVIZION
■LIVE PAINTING ・GRAVITY FREE ・DOPPEL ・LOVE ・Michinori Maru
■FOOD&DRINK ・井の村(焼酎バー) ・Natural Turn Tables
■SHOP ・anuenue



久々の更新。1週間前に行ったイベント。

フランクフルトと日本酒を飲みながらフラフラ。
今回は焼酎バー井の村が出店してまして、
米焼酎を飲もうと思ったら日本酒もあるよ!
の声に釣られて日本酒ぐびぐび。

そのままcro-magnonを観る。
ギター&ベースの方が前日に結婚したとかで
祝福ムードが漂ってます。こっちも何だかハッピー。

それから・・既に記憶が曖昧ですが、
おそらく次はcopa salvo。
今回は人数の多い出演者が多かったせいか、
UNITのステージがいつもより前にせり出してまして、
かなり前方にいたら毛穴まで見えるくらいな距離でした。
後ろで見てるより前で見ると興奮するよね。
大いに盛り上がりましたわよ。オホホ。

次に見たのはtegwonです。結構久々だった気がする。
何だか激しく盛り上がってました。
激しさに軽く引きながらも楽しみました。

そのまま渋さを前で見よう!となって前方へ移動。
徐々に人が増えて来て、始まる頃には身動き取れない状況に。
踊れる状況ではまるでなく、ひたすら苦痛に耐える。
さらにはステージに上がっちゃったバカ者が私の上に降ってきた。
もう限界ですよ。が、下がろうにも下がれない程の混みっぷり。
しかし限界越えてた私は、キレ気味に人を押し分け何とか脱出に成功。
しかしその代償にお気に入りのバングルを無くした・・まぁいいや。

SALOONに下りて光。光は好きなので楽しく踊る。


疲労困憊。これ日曜の夜だからね。
月曜の仕事が辛かったですよ。足だるいし。

posted by TOMO at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

THE BAYS@LIQUIDROOM

HOUSE OF LIQUID PRESENTS THE BAYS

2007年3月2日(金)@Liquid Room

Live : The Bays
DJ : Moodman



「‥‥‥私たちはレコードやCDの形でなく、
オーディエンスとベイズの会話であると信じています」
ライブ前にTHE BAYSについての説明が流れる。

彼らはレコードやCDを一切リリースしない、
ライブでしか音を聴くことが出来ない、
同じライブは二度とないインプロヴィゼーション・バンド。

噂が噂を呼ぶ形でヨーロッパ最大のフェス、
Glastonburyにもトリとして出演した。


そんな噂が私の耳にも届き、ライブ見るしかないでしょー
ってことで行って来た訳ですが・・・

あのね、スゴ過ぎました。まじで。
ここ最近観た中で一番です。

あえてどんな音だとか説明はしません。
いつもそんな説明は別にしてませんが。
まぁ知りたかったらライブ観ろって話です。ウフフ。


いやぁ〜フジロック出ないかなぁ〜
夜のヘブンで3時間ぶっ通しとか。

posted by TOMO at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

濱Jam祭@横浜ベイホール

2007.02.24 (SAT)濱Jam祭 presents - MIRACLE -
@横浜ベイホール(ALLNIGHT)
OPEN21:00/START22:00

- Lives-
Dachambo / SunPaulo
strobo / cro-magnon
GOMA / tickles
- Special Guest DJ -
ALTZ (FLOWER OF LIFE/BEAR FUNK)
- DJs -
Supernova (anoyo)
Cutsigh a.k.a kasai (AudioActive)
元晴 (SOIL&"PIMP"SESSIONS)
三宅洋平 (犬式a.k.a.Dogggystyle)
Kengo (FREAKY MACHINE)
Sandnorm (OVA)
SAMATA (横浜GrassRoots)
OSG (HOW SWEET)
Sounds : MMU

- Visual & Light show -
OVERHEADS / SHINKILOW
JEWEL BEATLE
- LivePainting -
gravity free / Michinori Maru



先日から勃発している腰痛をおして行ってきました。
ウフフ。あたいも好きねぇ〜。

初横浜ベイホール。
駅から会場まで歩いて行ったんだけど
アレは歩くもんじゃないですね。夜は特に。
遠いし、人は歩いてないし、街灯なかったりするし。
あんなとこ一人で歩いてたら誘拐されます。
友達と一緒で良かった。次回はタクシーで行きます。


ということで会場に辿り着いたのが24時くらい。
結構広かったゎ。メインとラウンジで音が鳴ってて
それっぽい人たちで溢れてました。

最初はstrobo観た。初めてだったんだけど
良かったわぁ〜かなり。ダンスでロックでアンビエント。
って意味分かんないけどそんな感じです。
野外で夜観たい。森の中とか。

続いて元晴&SAMATAのDJタイム。
途中でソイルの曲がかかってやけにアガる。
元晴さんはもっとジャジーな選曲なのかと思ったら
意外と違くて、でもなんだか納得な音。

そしてSun Paulo。
うーん、今回はちょっと物足りなかったなぁ。
てゆーかなんかお客さんがね・・・なんかね・・・・
ウザ過ぎて一番後ろの方まで下がって踊ってました。
盛り上がっちゃったら何でもあり!みたいなのは嫌いです。
Sun Pauloの時だけじゃなかったけど。

次はALTZのDJタイム。
初めてだったんだけどスゴいね。彼の世界にもってかれる。

最後はDachambo。
後ろの方で踊ってましたが、さすがに腰も限界に。
ちょっと盛り上がって跳んでみたらズッシリズキズキ。
これ以上頑張る気も起きず、始発も近づいてたので会場を後に。

刺すような冷たい風と、腰の痛みと闘いながら
駅への道のりを急ぎました。


そいえばお店もいっぱい出てたけど、
フードのお店がなかったのが残念。
ベイホールに焼きおにぎりとかピザとかあったけど、
まぁ冷凍食品だよね、冷凍食品嫌いじゃないけど。
もっとプチフェス的にフードも出てたら良かったのにー。

posted by TOMO at 00:24| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

渋さ知らズオーケストラ@Club IKSPIARI

渋さ知らズオーケストラ@Club IKSPIARI
2月18日(日)17:30開場 19:00開演



着席で渋さ知らズオーケストラ!?
ってことで行ってきました。

舞浜にあるClub IKSPIARI、初めて行ったけど
スタイル的にはBLUE NOTEなんかと同じです。
お食事を楽しんで、お酒飲んで、音楽を聴く。
大人のためのライブハウスですね。
えぇ、ワタクシ、十分大人ですから。オホホ。

中に入ると客席内にお立ち台のようなものが。
もちろん渋さ用にセッティングされたもの。
白塗りの方々がこんな間近で・・!興奮を隠し切れません。

そのお立ち台のすぐ近くの席に座って
お食事とお酒を楽しみつつ、始まりを待つ。

予想通り客席後方から白塗りの方々やらハッピの方やら登場。
もう後はいつも通りですよ。
一つ違うのは、観客が座っていること。
結構な違和感。ウズウズ。でも大人ですから。
ウズウズしている人は他にもたくさんいたようです。

アンコールの時には堪えきれなくなったのか
徐々に立ち始め、結構な人たちが踊ってました。


しかし白塗りの方々、結構ハードなんですね。
今まで遠くから見てた時は、激しい動きもないし
気付かなかったけど、間近で見たらすごい汗だく。
そりゃそうだ、あり得ないポーズで止まったり、
ゆっくり動いたりするのってかなりの筋力を要すからね。
うん、すごい。


posted by TOMO at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

CARNAVAL2007@代官山UNIT

★J-WAVE 「NOEVIR SAUDE! SAUDADE...」 CARNAVAL2007

[日時]
 2007年2月12日(月/祝) Open 17:00 Live 18:00〜21:15
[会場]
 代官山UNIT(03-5459-8630)
[LIVE]
 Balanca(バランサ)
 Saigenji(サイゲンジ)
 Banda Barravento(バンダ・バハヴェント)
 Tamanco Buco(タマンコ・ブーコ)
[DJ]
 中原 仁
 KTa★brasil(ケイタブラジル)
[MC]
 林 奈穂




超ラテン。
ラテンな音は好きだけど、ラテンなイベントは初でした。
お客さんがサンバカーニバル的だったらどうしよう!?
などと心配しながら会場に到着すると普通でした。
客層もかなり広かった。しかし混んでました。かなり。



最初に登場したのはTamanco Buco。
混んでて遠くからだったのでよく見えず。

次はBanda Barravento。
10人を超える打楽器隊で迫力あります。
夏気分満開。

Saigenji。
久しぶりに観た。今回はパーカッションとのユニット。
やっぱりカッコ良い。

最後はBalanca。
あ、Balanca前のDJタイムはなかなか盛り上がってた。
中原仁さんって方だったんだけど、
日本のブラジル音楽の第一人者らしい。知らなかった。
あのおじさん誰だろう?なんて失礼なことを考えてました。
すんません。

で、Balancaは本場、ブラジルでも認められてるサンババンド。
ステージとフロアの垣根がない感じ。一体感。
近くにサンバチームだかよく分かんないけど
激しくサンバを踊る人たち。何となく引く私。
どうも私にはラテンの血は流れていないらしい。

ラテンな音は好きなんだけどなー。
サンバ踊れるようになりたいな・・
すごいセクシーに踊りたい。ウフン♪


posted by TOMO at 01:17| Comment(2) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

Dachambo presents "NEWRASIA"

Dachambo presents "NEWRASIA"
2007/1/27(SAT)@恵比寿LIQUIDROOM
OPEN/START 4:20pm
ALL STANDING ADV 3,000yen / DOOR3,500yen(Drink別)

LIVE:Dachambo(2SET+ENCORE)

LIVE PAINTING:GRAVITY FREE&NINO
VJ&LIGHT SHOW:OVERHEADS / SHINKILOW
CANDLE:candle JUNE
DECORATION:BUB&VIBRATIONS

LOUNGE FLOOR
DJ:SINKICHI(AURATONE/exSOFT,AOA)/MOTHER CREW




Dachamboワンマン行って来ました。
ちょっと人が多過ぎたなぁー。
自由でサイケな雰囲気は非常に良かったけど
踊りづらいほど人を入れちゃぁいけませんぜ。


でもゲストが豪華でしたー!
佐藤タイジ(Gt from THEATRE BROOK/SunPaulo)に
勝井裕二(Violin from ROVO)、Majestic Circusのvoの子、
そしてシークレットで元晴が出た!!!

勝井さんとのセッションはそれはそれはヤバかった。
ちょっと記憶が飛ぶほどでしたゎ。
元晴が出てきた時は驚いたのと同時にどんな風に
ダチャの音に絡むのか想像がつかなかったけど、
さすが元晴、彼の世界に音が吸い込まれていく。


Dachamboとしてのライブはいつも通り良かった。
ゲストが良い感じに場の雰囲気をさらにアゲてくれる感じ。

混んでてウンザリだったけど、お店もいっぱいで
プチフェスっぽさを楽しめたし、満足満足☆
posted by TOMO at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OKI DUB AINU BAND Japan Tour 07

"OKI DUB AINU BAND Japan Tour 07"
[日時]2007年1月26日(金) open18:00 start19:00
[会場]UNIT
■出演:OKI DUB AINU BAND [OKI(tonkori/gtr/vo/mukkuri)、居壁太(tonkori/cho/dance)、Hirohisa(b)、沼澤尚(drums)、内田直之(engineer)]



年が変わっても更新ペースは特に変わらないまま。
いつものようにだいぶ時間が経ったイベントです。


OKIはアイヌのトンコリ奏者。
そのOKIが率いるバンド、アイヌの伝統歌をロック、ダブ、
レゲエで味付けしたような感じ。ってよく分かんねー。
初めて聞いた時はかなり新鮮だった。
あぁ世の中にはまだまだ知らない素敵な音があるんだなと。


トンコリはアイヌに伝わる伝統的な弦楽器です。五弦琴。
胴体部分は細長くて平べったい。
各部には頭や首、耳とかへそなどと人体名称が用いられており、
弦は鹿のアキレス腱を使ってたりするらしい。

OKIはいくつかのトンコリを曲によって変えて演奏する。
その場の気分次第で曲順も、使うトンコリも変わる。
その自由な雰囲気が会場いっぱいに広がってた。


途中、OKIはアイヌの昔話をしてくれた。
何のことはない、普通の昔話。
でもそれが何故だかぐっと胸の奥の方に届く。
見たこともない、アイヌの暮らしが目に浮かぶ。


アンコールで居壁太がアイヌの踊りを見せてくれた。
狩猟民族であったことが窺えるその動きに目を奪われる。

遠い北の果て、アイヌの文化に触れてみたくなった。


posted by TOMO at 20:21| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月28日

BONANZA@LIQUIDROOM

BONANZA

2007.1.22(Mon)
【PLACE】恵比寿 LIQUIDROOM
【TIME】OPEN 18:00 / START 19:00
【CHARGE】前売\5,000(tax in) / 当日\5,500(tax in)*ドリンク別
【LIVE】CALEXICO/SLY MONGOOSE/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND




メキシコとの国境の街、アメリカのアリゾナ州で結成されたCALEXICO、
様々な国とジャンルを縦横に横断する無国籍サウンド。
その音はまるで映画でも観ているかのような錯覚すら起きます。
映画のような音、この表現伝わるかなぁ〜


メンバーを担当楽器で説明するのが無意味なほど
それぞれがいくつもの楽器を操ります。
特にトランペットとパーカッションを担当するメンバーは
あっちこっちと忙しい。トランペットを吹きながら
片手でマラカスを振り、ふと気付くと今度はキーボードを弾いてる。
そうかと思えばいつの間にかトランペットが消えて
ヴィブラフォンを叩いていたり。
ベースもいつの間にかウッドベースに変わり、
かと思ったら叩いて打楽器のように扱っていたり、
スティールギターが鳴ればそれに喚起されて他の楽器が騒ぎ出す。

メンバーの動きを目で追うとそれはそれは忙しい、
けど、目を閉じれば目の前に行ったこともないメキシコの風景。
ロードムービーのような風景が勝手に想像出来てしまう。

妄想癖が過ぎますかね。でもそんな感じなんです。

素晴らしかったです。


彼らの前に演奏したOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDと
SLY MONGOOSEも良いライブをしてくれましたよ。うん。

posted by TOMO at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

RANCID JAPAN TOUR 2007

RANCID JAPAN TOUR 2007
2007/1/6(土)
東京 新木場スタジオコースト
OPEN 16:00 / START 17:00


ALLSHOWS DJ PLAY:PUNK ROCK DJ HIKARU
OPENING ACT:SA




行って来ました。RANCID。約3年ぶりの来日。
前回来日した時はSONICMANIAとツアー2公演と、
合計3回観た訳ですが、今回はこの公演1度だけ。
正直・・・年取りましたね、私。

でもRANCIDメンバーは変わらないパフォーマンス。
TimもMattももう40越えてるよね。素敵だー。
意外とLarsってば若いのに、何故かおじさんに見えます。

ちなみにドラムのBrettが来日前に脱退しました。
今回のツアーには元THE USEDのBrandon Steineckertが
参加してました。



PUNXが溢れかえるSTUDIO COAST内。
でもゴリゴリな感じは期待してたより少なかった。
って一体何を期待してたんだか分からんが。

入口で鋲付きものやウォレットチェーンを
規制していたせいか。前回も規制してたな、そういえば。


HIKARUのDJの後、SA。
さり気なく何度かライブを観ているが、
彼らの外国名がSAMURAI ATTACKだと初めて知った。


セットチェンジの後、RANCID登場!!!
もうね、出てきただけで大興奮。
ものすごい熱気と後ろからの人々の圧力。
死んじゃいますから。
途中でキツくて空いてるスペースに移動。

Operation IvyのUNITYをやってびっくり。
前日の公演では2曲やったらしいけど。
聴けると思ってなかったからちょっと感動。

結構古いアルバムの曲もやってて懐かしかったり。
全部で30曲くらいやってたかなー。
最後はRUBY SOHOで大合唱。
しかし皆よく歌詞覚えてるよね。
歌ってる風でごまかしてみた。


今回はステージの後ろに映像が流れてて、
これがまたヤバくて見入ってしまうことしばしば。


PUNKのライブは久しぶりに行ったけど、
あぁ〜これこれ、この感じ!!!みたいなのを
久しぶりに体感できて面白かった。

PUNKSPRING行こうかなぁ〜


posted by TOMO at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NewJBJBJBJBJB’sJamSession!! @JZ Brat

2007/1/5
NewJBJBJBJBJB’sJamSession!! @JZ Brat

Members
類家心平(tp)(from urb)
元晴(sax)(from SOIL &”PIMP”SESSIONS)
多田誠司(sax)(日野皓正Groop)
丈青(p)(from SOIL &”PIMP”SESSIONS)
Nori Shiota(b)(SFKUaNK!!)
みどりん(ds)(fromSOIL &”PIMP”SESSIONS)
小森耕造(ds)
Special Guest : 石成正人(g)(from m-flo)




行って来ました、2007年初ライブ。

JZ Bratは渋谷セルリアンタワー内にある
LIVE JAZZ AND DINING CLUBで、今回初めて行きました。
今回は半分スタンディングということで、
ステージ前にスタンディングスペースが確保されてた。

まずは後方のテーブル席でゆったりとお食事です。
お食事しながら音楽を楽しめるのって好きです。

しばし歓談。

1stステージの開演時間になりメンバーがステージへ。
ステージと言っても一段高いところにある訳ではなく、
フロアと同じ高さ。前に行けばメンバーと
同じ目線で音を楽しめる。素敵です。

SFKUaNK!!やソイルの曲も交えつつライブが進む。

塩田さんのブリブリベースカッコ良いし、
ツインドラムも迫力あったし、
類家さんの吹き方はかわいらしいし、
全てがそれはそれは素晴らしかったけど、
何より元晴さん!エロ過ぎですよ。好きです。

塩田さんが今回は元晴さんメイン的発言をしてたけど、
その期待を裏切らない素晴らしい腰の動き。
じゃなくて素晴らしい演奏でした。


2ndステージにはスタンディングスペースに移動。
ワイン片手にジャズで踊る。オシャレですね。ウフフ。

じっと座って観てられないほどのアツいライブでした。
このJZ Bratでのライブのためのメンバーだったらしく
もしやこの日限りですかね?翌日もやってたけど
また別メンバーだったし。いやぁ〜もう一度観たい。


ライブ終了後には恐れ多くも塩田さんと言葉を交わし、
すっげーカッコイイ!をみんなで繰り返しながら
余韻に浸り、飲み過ぎで足元フラフラになりながら
家路に着いたのでした。


素晴らしい2007年音楽生活の幕開けとなった次第です。

オホホホ!今年も行きまっせ〜!!

posted by TOMO at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

HappyLIVEs@代々木公園

HappyLIVEs #14 〜JAMバンド大忘年会2006〜
 @代々木公園野外ステージ
 2006.12.17.SUN
 正午12:00スタート (〜16:00終演
 Free Party

 LIVE : Majestic Circus / Sardine Head / らぞく / ..and jam !
 DJ : OSG / KICK
 協力 : gentle one / green bird
 併催 : フリーマーケット



今年最後の野外イベントに行って来ました。
そういえば去年の野外締めもコレでした。


少し早めに着いたので軽く飲み食い。
てゆーかサイゼリヤって激安。驚きの価格破壊。
グラスワイン100円て!安過ぎて笑える。
普通にレストラン入ったら水だってもっとする。
食べ物もいろいろ頼んだのに一人1000円しないという
激安ぶり。サイゼリヤ恐るべし。


コンビニでお酒を購入してから代々木公園へ。
観たのはMajestic Circusとらぞく。


DSC00053.JPG


MJCは多分LIQUID HEAVEN以来。
あの時はかなり疲れてたので、ふんわり観てただけだけど
今回はがっつり一番前で観てました。
いやぁ〜気持ち良いね。
サウンドチェックから何となくジャムり始めて
気付いたらクリスマスソングになってて
それだけで何だかもう幸せ気分いっぱい。

天気も、予報では雨降りそうだったのに
たまに晴れ間がのぞくほどだし気温も低くないし。
子供がシャボン玉飛ばして、みんなニコニコ踊って、
ほんとに幸せ空間だった。


らぞくもまた盛り上がってました。
前にいたので後ろの様子はよく分からないけど
近くの人たちは異様な盛り上がり。
盛り上がっちゃった人がテーパーさんがセットした
マイクに向かって歌っちゃって怒られてた。

しかしテーパーさんってそのバンドが好きなのか、
音楽を録音するということが好きなのか・・・もしくは仕事?
その音源聴かせてもらったりもしてるので
ありがたい限りなんだけど。


最後にはらぞくもMJCも一緒にセッション。
途中で帰りましたが、なかなか満足いたしましたわ。


そんなこんなで今年の野外イベント納めでした。
あとはぬくぬくと屋内イベントのみ。
お次はフレイムス@クアトロです。
ぬくぬくどころかむしろ暑そうですが。

posted by TOMO at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

TOKIO DROME@代官山UNIT

TOKIO DROME
2006.12.08 FRI@UNIT, Daikanyama Open : 23:00

DANCE FLOOR
Resident DJ: NUMANOID aka DJ TSUYOSHI
Featuring LIVE: SUN PAULO
Featuring DJ LIVE: BRASHIGE (Bryan Burton-Lewis + Ayashige (Wrench))
Featuring DJ: DUCK ROCK
Installation: ENWAMADE、GENEC∞
Visual: MATSUKI (EYEdentify)、KAZ、ヤマダヒデト (amp)
Sound: LSD-E

LOUNGE
TRIPSTER SOUNDSYSTEM
DJs :FRAN-KEY,KUN and more...



金曜の夜、というか日付が変わる頃、UNITに出向きました。
agehaでやってたTokyo Crossover/Jazz Festivalにも
惹かれたけど、やっぱりSUN PAULOだなってことでUNITへ。

まずはお酒を飲みつつまったり談笑。
まずはってゆーかずっとまったりしてた。
椅子に座って、踊る人たちを見て。

映像が面白かったなー。
手の動きに合わせて映像が波動するの。
どういう仕組みなんだろ?面白い。


1時過ぎくらいにSUN PAULO登場。
えぇ、いつも通りなライブですよ。
今年の春の渚以降ほとんどのライブ観てるんじゃないかな。
すごいハマりよう。いつ飽きるか楽しみ。

そして今回もまたゲストがあった。
ぬゎんと!マルコス・スザーノ!!!
パンディロ奏者です。

パンディロって?タンバリンみたいな楽器です。
ブラジルのサンバなんかで使われる打楽器。
タンバリンとの違いが分かりませんが。
このタンバリンみたいな簡単そうに見える楽器で
いろんな音が出せるんです。スゴイんです。
マルコスはこのパンディロの第一人者と言われてる人。
ものすごい複雑なリズムを叩き出します。
ドラマーの仕事を奪う男として怖れられているそうで。

で、マルコスのパンディロが加わってのライブ。
もうね、大興奮ですゎ。アドレナリン大放出。
狂ったように踊りまくってました。

1時間半くらいかな。かなり満足した。
ライブ終了後の興奮と爽快感。
満足し過ぎてもう帰ろうかということに。
タクシー代かかっても惜しくない心境。

これから入ろうと並ぶ人々を横目に会場を去りました。


次回のSUN PAULOライブはなんと六本木ヒルズ52F。

WISDOM LOUNGE
2006.12.30(sat) 20:00 OPEN(ALL NIGHT PARTY)
Mado Lounge roppongi hills 52F

LIVE SESSION
SUN PAULO
エマーソン北村/AMBER

DJs
花見&花実御一行様/HASSY(四つ打ち友の会)
KOTARO(Wonkavator/Equinox)

VISUAL
ヤマダヒデト(amp)/KLOMA


キレイな夜景を見ながら音楽を楽しむ、これ良くない?
今回SUN PAULOはアコースティックでラウンジな、
いつもと違うSUN PAULOだそうで。興味津々。


そして来年1月にはいつものWISDOMもあるようで。

まだ私の中でのSUN PAULOブームは終わりません。
posted by TOMO at 13:21| Comment(0) | TrackBack(2) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

JAPA☆RICO TOUR 2006@SHIBUYA-AX

『RICO RODRIGUEZ MEETS JAPAN “JAPA☆RICO TOUR 2006”』
2006/11/24(fri) 18:00OPEN 18:30START @SHIBUYA-AX

出演:
RICO RODRIGUEZ & JUNGLE ROOTS BAND
東京スカパラダイスオーケストラ
DUBSENSEMANIA
川上つよしと彼のムードメイカーズ
こだま和文
DJ:スクービードゥ
他、ゲスト多数出演予定




RICO RODRIGUEZ、今年3度目の来日公演。
ちょっと来過ぎ。でもやっぱり嬉しい。
またあのあったかい空気に包まれるライブが観れる。

そんな期待をして会場に到着したのが19時頃。

18時半スタートとか間に合わないでしょ。
まぁそうは言ってもライブは19時くらいから始まるんでしょ?
と思いながら行ったら、実は18時半からムードメイカーズが
やった模様。早過ぎ。観れず。

続いてDUBSENSEMANIA。
ゆる〜いダブ&レゲエの音に気持ち良くなる。
彼らの後ろに海が広がって見えそうな感じです。


セットがスカパラ用にセッティングされてきた
頃から会場も人でいっぱいに。

スカパラ登場。お揃いのピンクのスーツです。派手。
久々に観た気がするけど、相変わらずパワフルで
エンターテイメントで楽しくて、そして
1曲もたない自分の体力のなさに気付かされた。

リコも登場。リコとスカパラの共演。
でもなんだかスカパラが暴走気味というか
リコにもっと合わせてくれよー!って感じがしないでもなかった。


ランキンタクシーのMCがあって
JUNGLE ROOTS BANDが登場し、こだま和文が登場し、
そしてリコも再び登場です。

JUNGLE ROOTS BANDの安定した演奏をバックに
こだま和文のトランペット、リコのトロンボーンの音が重なる。

リコの奏でる音は何とも言えず心地良い。
彼の師匠でもある、SKATALITESのDON DRUMMONDの
クールで男っぽい音とは違う、温もりを感じる音。
ちなみにDON DRUMMONDの音も好きだ。
その短い生涯にも興味があったりする。

リコには長生きして欲しいと思った。
ライブが終わった後、素直にそう思えた。
まだまだ元気にステージに立って欲しい。


フジロックでも歌ったWhat a Wonderful World。
とってもあったかくて、涙が出るんだよね。

トロンボーンの音色はもちろんなんだけど、
彼の歌声は心に響くんです。あったかいんです。

Jungle Beatでは場内大合唱。鳥肌が立った。

会場内をリスペクトとあったかい空気で包んでくれる
その笑顔と音色と歌声。ステキな時間をもらった。

posted by TOMO at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

TOKYO DANCEMUSIC FESTIVAL

TOKYO DANCEMUSIC FESTIVAL

2006.11.12(sun)
-------------------------
■DAY TIME 11:00〜18:00
→代々木公園の野外フェス
-------------------------
■NIGHT TIME 18:00〜24:00
→TDF参加クラブ20店舗に行き来が自由になる回遊型フェス。
-------------------------



ということで、先週日曜日に行って来ました。

15時原宿駅集合。会場へ向かう途中、
代々木公園入口のところで、ロックンローラー達が踊ってた。
50'sですね。今はなくなった原宿歩行者天国の歴史、
竹の子族失速後に50'sは全盛期を迎え、後のバンドブームへと
繋がっていく訳ですが、何かその頃を懐かしむ動きなんでしょうか。
個人的には50'sよりも竹の子族を生で見てみたいです。


そんなことを考えながらTDF会場到着。
アースガーデンとかと同じ場所での開催です。
結構な人混みです。いろんな人がいます。
老若男女外国人。ギャル系からヒッピー系、普通の人系。
人を見てるだけでも面白い。

DSC00038.JPG


かなり寒かったので、ホットワインでも飲みたかったけど、
ハーフボトルで1500円のみ。ちょっと考えちゃうよね。
グラスサイズで500円で出せ。

仕方なく冷たく冷えたZIMAで乾杯。寒いっつーの。
場内散策。お店がいっぱい出てます。
まぁフェスでよく見るお店ばかり。
が、大阪のお好み焼き屋が出てた。
これちょと珍しいんじゃない?ってことで食べてみた。
けど、後から考えたら屋台でお好み焼きってすごいありがちだよね。
まぁいいや。


お腹も満たされてじゃぁ踊りますかと。
Q'HEY、KAORU INOUEと踊る。
途中でまた別の友達とも合流。
KAORU INOUEは野外が合うよね。気持ち良い。
でもちょっと短かったな〜タイムテーブルでは
1時間の予定だったけど、1時間やらなかった。
もうちょっとやって欲しかったー。

17時頃だけど辺りはもう真っ暗。
当然のように寒い。さらに踊る気力はなく、
しばらく場内ウロウロした後、お店に入ってまったり飲み食い。



体もあったまったところで、WOMBへ移動。
いつだったかID忘れたことで入店を拒否されてから
一度も足を運ぶことはなかったので、今回初でした。

世界クラブランキング上位に入っているらしく、
どんなにスゴいんだ!?と期待して入ったものの
普通のクラブでした。音が良いとかいろいろあるんだろうけど。


踊ったり飲んだり話したり。
なんかね、もう何年も普通に(?)クラブに遊びに行くこととか
なかったんだけど、昔は好きだったな〜って懐かしくなった。
たまには良いもんだな・・なんて思ってみたり。

しかも今回はオールナイトじゃなくて夜だけ。
オールナイトはキツいからね、嬉しいよね。


持って帰って来たフライヤーの中に気になるイベントがあった。
それもオールナイトじゃなくて、サンデーアフタヌーンだったから
行きやすいなと。要検討ですわ。

ということで、他のクラブには行かずにWOMBだけで
満足行くまで遊んで帰りました。



クラブといえば、六本木のverfarreが12/31で閉店だそうで。
バブルの香りが残るこのディスコ、嫌いじゃなかった。
さり気なく思い出があったりもします。ウフフ。



あぁなんか無駄に長い文章になってきたのでこの辺で。
posted by TOMO at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

Peace Week 2006 in Tokyo

Peace Week 2006 in Tokyo
LIVE TRANSMISSION

2006/11/7 @代官山UNIT
OPEN/START 19:00 ( 〜25:00)
DOOR 1,500yen

このイベントの収益金は「広島国際平和会議2006」に参加するノーベル平和賞受賞者3人の国際平和活動を行なっている財団等に寄附させて頂きます。


<B2F UNIT>
LIVE:
 SUN PAULO + LATYR SY
 GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION
DJs:
 FUNKY GONG (Joujouka)
 KEISUKE (Highwaystar Rec. / Matsuri) 
 SINN (Global Chillage)
PA:遠藤 幸仁 (LSD&E)
VJ:ヤマダヒデト(amp)
CANDLE:Candle JUNE
FOOD;MANGOSTEEN
AROMA:myk.:*


www.peaceweek.jp



SUN PAULO観たさに行ってきたんだけど、
実はとってもPEACEな、重いイベントでした。
平和についてココでいろいろ述べる気はないけれど、
国際平和会議が開催されてたのも知らなかったし、
ダライ・ラマは知ってるけど、他のノーベル平和賞を
受賞している方たちのことは知らなかった。

こんな平和ボケしている私には、とても重いイベントだった訳です。

なので、さらっと、普通にライブについてのみ書きます。


19時半頃に会場に入ると人がかなーり少ない。
会場にいた人とちょっと話してたら、
ライブ自体が始まるのは結構遅い時間だという情報を得た。

仕方なくいろいろ食べたり飲んだりまったりしながらしばし過ごし、
そろそろじゃ?って時間にフロアに行ってみるもなかなか始まらず。


22時を過ぎた頃、ようやくSUN PAULO登場。
その頃には人もだいぶ増えてた。
いつも通りにライブは進み、いつも通りに踊り、いつも通りに盛り上がる。

なんとゲストにFLYING RHYTHMSのLATYR SYがっ!!!
SUN PAULOの音に彼のジャンベが加わる。スゴい迫力です。
素晴らしいです。最高です。もう体中の毛が立ちそうな勢いです。

23時過ぎにライブ終了。
GOMAも観たかったのに、平日にこの時間は厳しいです。
終了予定時間25時だし。終電ないじゃん。

そんな訳でGOMAは観ずに帰宅。

あんな風に無心に踊ったり出来るのは、
やっぱり平和だからだよね。

世界中の人たちが心穏やかに、平和に暮らせたらいいのにね。
posted by TOMO at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。