2006年07月09日

+DELUXE+@渋谷LUSH

またもや一週間前のライブの話。


DELUXE+
2006/6/30(FRI)@渋谷LUSH
OPEN 18:00 - CLOSE 23:00

KODAMA AND THE DUB STATION BAND
Flying Rhythms

DJ 光 (BLAST HEAD / GRASSROOTS)
DJ HIROKI MURAI (HEDONIST PRODUCTION / SYNCHRO)
+


前日に思い立って急遽行くことにしました。

会場に到着したのが19時半前。
とりあえず飲んでるとほどなくFlying Rhythms登場。
春の渚でちらっと見て以来。

混沌とした世界に引き込まれる。
頭の中がぐるぐるする感じで気持ち良くなる。
脳内ドラッグ出ちゃう感じ。

が、ちょっと長くて途中で飽きました。
あははー。


途中のDJは光だったのかな?
友達と合流してずっと話してたので
ほとんど聞いてませんでした・・。


21時半過ぎにようやくこだまさん登場。

いやー驚いたね。素晴らし過ぎて。
なんかもっとディープな感じだと思ってたんだけど
意外にさわやかというか聞きやすいというか
こだまさんのトランペットが歌ってて
とにかく気持ち良く体を揺らせる感じだった。

なんとも幅が広い音。凝り固まってない、
いろんな音を吸収して昇華させた音。大人な感じ。

MCで言ってたことも、大人な言葉で
ちょっとぐっときた。忘れちゃったけどw

アンコールでこだまさんが歌ったんだけど、
私としてはちょっといただけなかった。
友達はかなり感動してたけど、
おじさんのカラオケのように聞こえてしまったのよね。

それまでがあまりに良過ぎたので
そんなのはどうでもいいんだけどね。



しかし一週間経つとこんなにも記憶が薄れるものかと
衝撃を受けるほど、細かな記憶が飛んでる。
感想は早く書かないとダメだな。ちょいと反省。

posted by TOMO at 01:04| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

willy@多摩川河川敷

またいつものように一気に更新しております。
そしてDISC REVIEW頑張るとか書いておきながら
案の定止まってます。やっぱりね。


ってことでお次のイベント。
もはや定番、willy行ってきましたー。

willy
2006/6/25 [sun] 13:00-20:00  
@多摩川河川敷



今回は梅雨シーズン真っ盛り、高架下での開催でした。

P6250111-2.JPG

いつ雨が降り始めてもおかしくない状況だったので、
手っ取り早く飲んで食べて踊って帰ろうという目論みから
この日のお酒は日本酒チョイス。

乾杯だけシードルでかわいく攻めておきながら
後は日本酒かっ食らうという計画。

日本酒なんてそんなに飲まないわよね〜オホホホ♪
なんて話して少なめに買ってったらとんでもない。
足りねーよ!酒買ってこい!ワンカップじゃ!どりゃぁっ!!
的ノリになってます。我ながら恐ろしい事態です。

しかも終始ハイテンションキープで、17時前から
21時近くまでトイレ以外ほぼノンストップで踊り続けました。
今回はあまりツボな選曲はなかったにも関わらずです。
ツボな曲ばかりだったら踊り死にしているところでした。

P6250127-2.JPG


幸い最後まで雨も降らず、高架下という立地のせいか
音が風で流れてしまうこともさほどなく、なかなか良かった。
でも砂利はイヤね。やっぱり芝生で踊りたいもの。


次回は8月らしいんだけど、まだ詳細は発表されてません。
海willy(ビーチでやるwilly)やるのかな?



ちょっと気軽に外で音楽でも聴きながら
お酒飲みたいなーって時にオススメのイベントです。
飲んだくれるもよし、踊りまくるもよし、
いろんな遊びするもよし、何でもありです。
楽しもうという気持ちさえあれば
どんな楽しみ方も出来ちゃう素敵なイベント。

って何で私は宣伝してるんだ?w

posted by TOMO at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROOCS@恵比寿MILK

zespri presents
ROOCS “KIWI POWER”

2006/6/23(fri)21:30START

 Dachambo, Cro-magnon, LeAp, だんばだんば,
 99. 999999999%, HARUAKI a.k.a AKI,
 SPACE WALKER, DJ Char-Lee(roocs), DJ JIN(roocs)
 太華, 101(Fuko presents), YOSHITAKA+GOODSON,
 EVE, GRAVITY FREE



Cro-magnonが出るってことで気にはなってたものの
オールはきついな・・と思って諦めてましたが、
急遽行くことにしました。

24時過ぎに恵比寿で待ち合わせ。
いったんMILKに行ってCro-magnonの出演時間をスタッフに確認。

まだ少し余裕があったのでとりあえず居酒屋飲み。
フジロックの話などで盛り上がりつつ、
時間が来たので再度MILKへ。

しかし予想以上にすごい人。
てかお客よりも出演者、関係者などがいっぱいな感じ。
移動するのも一苦労な状態に軽くウンザリ。
しかもスケジュールおしてる模様。

完全にCro-magnon目当てだったので
ウンザリしつつ出番を待つ。
と、やっと登場ですっ!!!!
ライブがすごいとは聞いてたけど、
一体どうなのよ!?という半信半疑の状態で臨む。

しかし・・なんだー!この何とも言えないグルーヴ感。
CDとは違います。CDもヤバい感あるけど、
ライブではより一層クールでドープでディープな感じ。
てかドープって何だ?よく分かんないけど使ってみた。
とにかくスゴいってことよ。
ガンガンアゲアゲじゃない、じわじわと攻められて
終いには完敗です・・てな具合です。

ヘロヘロになりながら、次のライブのDachamboを待つ。

数日前にも代々木公園で見たばかりだけど、
代々木公園では音がイマイチだったり、
暑くてウンザリだったり、お酒も入ってなかったり、
アガり切れず盛り上がれなかったので
リベンジとばかりに激踊り。
しかし時間は明け方4時にもなろうかという時間。
こんな時間に激踊りする私もスゴイですね。

そして満足してMILKを出ました。
既に辺りは明るくて、何故かちょっと懐かしい気分になる。

始発までの時間、24時間営業のウェンディーズでお茶。
あそこ便利ね。しかもほぼ満席。あんな時間に満席って。
儲かってまんなー。


しかしやっぱりオールナイトは辛いです。
一晩でお肌も体もボロボロです。
最近ほんとにお肌も体も衰えを感じるのです。
いろいろサプリを飲んだり、いろいろ顔に塗りたくったり
なんだか必死な自分が愛おしい☆

posted by TOMO at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GESHI FES'06@代々木公園イベント広場

今さらですが、去る6月21日、夏至の夜にイベント行って来ました。
100万人のキャンドルナイトのイベントです。

『電気を消してスローな夜を』

夏至の夜、電気を消して、省エネや環境について考えたり、
大切な人を想ったり、家族や友人と過ごしたり、平和を願ったり、
暗闇の中でキャンドルの灯を一つ一つともすように
一人一人の思いを大きなウェーブにしていこう。
そんな素敵なムーブメントです。

全国各地で様々なイベントが行われる中、
私は音楽とともに何かを感じようと代々木公園に行きました。


GESHI FES'06 

2006年6月21日(水)夏至●
@代々木公園イベント広場

〔出演アーティスト〕
☆Suara Sana
☆降神
☆DACHAMBO
☆Candle JUNE



スローな夜を過ごすはずが、ピンポンダッシュばりに
終業チャイムで即退社。半ば小走り気味に会場に向かう。
全然スローな夜じゃないし。

ステージではDachamboが爆音をかき鳴らしております。

P6210053-2.JPG

蒸し暑さが野外気分を煽って楽しくなっちゃった♪
しかし暑くてイヤになってきちゃった♪


乾杯しつつ、タイラーメンでお腹を満たし会場内散策。
徐々に暗くなってきて、あちこちでキャンドルがともされる。

P6210056-2.JPG


レジャーシート広げて友人や恋人と語らう人、
音に身を任せて踊る人、ポイに興じる人。
私は洋服屋を物色する人と化し、
店前で打楽器の音に興じる人々の輪に紛れて
かわゆいお洋服をゲット。満足。


ライトダウンの時間。
ステージにはたくさんのキャンドルが置かれ、
ステージ前にはたくさんの人々。

キャンドルアーティストのJUNEさんの
淡々としながらも熱い言葉を聴きながら
暗闇の中にともされたたくさんのキャンドルの
灯の美しさに心を奪われる。平和。

P6210104-2.JPG


素敵な時間でした☆

posted by TOMO at 16:44| Comment(1) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

夜クラブ@代官山SALOON

先日こちらでも紹介した夜クラブ、行って来ました。


6/13(TUE) 2ND TUESDAY
@代官山SALOON

【TIME】 OPEN/START 19:00 - 25:00 CLOSE
【CHARGE】 1,500yen (1D)
【DJs】
クボタタケシ
風祭堅太


【INFORMATION】
http://www.skylarkin.com/



夜クラブとはどんなもんじゃ、
おぃおぃ、クボタタケシだしとりあえず経験しとくか!
ってことで行ってきた訳です。

早くから盛り上がる的情報もあったけど、
まさか19時のSTARTからいきなり盛り上がってる訳もなく、
一体何時ごろ行けばいいんだ!?なんて悩みながら
とりあえずUNICEでご飯食べて時間潰します。


21時過ぎたし、そろそろ行っとく?
ってことでSALOONに入りました。

が、常連さんのようなグループがいるだけで
ソファとかも余裕であいてます。
まぁまぁ、こんなもんでしょ、平日だし、21時だし。
なんて思いながらお酒を飲みつつソファでくつろぐ。

まだ早い時間なのに、クラブっぽい雰囲気と音で
体が条件反射のように深夜を感じて眠くなった。

風祭堅太の流す音をバックにウトウト。


次第に人も増えてきて、クボタタケシスタート。
踊ります。いつも通りな選曲になんだかほっとする。
しかし人が増えたとはいえ、かなり少ないです。
その場で踊ってたのは10人前後じゃないですかね。
一番多かった時でも20人はいない感じ。

organ barでは狭くて天井低くて
人いっぱいで踊りたいのに踊れない、
そんなストレスを感じることも多かったけど
そんなストレスは一切感じませんでした。

高い天井からぶら下がるシャンデリアを見ながら
organ barとは随分違うなーなんて思ってた。

もちろん人が少ないからいつも盛り上がるようなとこで
盛り上がりを見せず、普通に皆踊ってるだけなので
一人盛り上がりそうになって「あ、あれ?」みたいな
寂しい感じはちょっとあったけど。まぁそれはそれで。


盛り上がりを楽しみたい人には向かないけど、
私みたいに混雑でストレスを感じるタイプの人には
もってこいですね。気持ち良く踊れます。


23時には出てしまったので、その後のことは分からないし、
これから人気が出ちゃったりして、混雑しちゃうかもしれないけど、
また行ってもいいなって思えた。

うん、多分もう1回は行くと思う。


posted by TOMO at 22:55| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

plants festival 2006

plants festival 2006
2006.06.11(sun) LIQUIDROOM(恵比寿) 15:00 - 22:00

[ LIVE ]
1F LIQUIDROOM
 アン・サリー
 saigenji
 Sandii & Hula Angels
 copa salvo
 Double Famous
 エマーソン北村
 Panorama Steel Orchestra
 CINEMA dub MONKS

2F LIQUIDLOFT
 EriBill Orchestra
 Bamboo Swing
 cutman-booche

[ DJ ]
 Okawa(The Ska-Flames)
 三宅洋平(犬式 a.k.a.Dogggystyle)
 社長(SOIL & "PIMP" SESSIONS)
 Slowman(Bit of Heaven / Spiral Records)
 GraphLabo [ VJ ]



EriBill Orchestra目指して16時に会場入り。
まだ1Fがオープンしてないので2Fは人で溢れている
という前情報で覚悟はしていたものの、
一気にやる気をなくすほどの混雑っぷり。

しかもライブも遅れててEriBillも始まってない。
ドリンク買うにも行列。とりあえず飲みたいので並んだけど。

やっとドリンクを手に入れると、
1Fも開いたらしく徐々に人が減ってきた。
EriBillも始まったらしい。コパのエリちゃんと
DJのコラボです。和テイストあり、なかなか面白い。
が、音がイマイチ。MCも全然聞き取れないし。


数曲やっただけで終わってしまったので1Fへ移動。
Sandii & Hula Angelsが華麗に舞ってます。
キレイで華やかでセクシー。
やっぱりフラやるとウエスト細くなるんだな〜
私もやろうかな〜なんてぼんやり思いつつ見てました。

次はフレイムスの大川さんのDJのはずだったのに
会場に貼り出されてたタイムテーブルから名前が消えてた。
キャンセルですかね。残念。


お酒を補充しつつケーキも食す。
ルバーブのロールケーキ。甘酸っぱくて美味☆
しかしまったりしたいのに座るスペースなんて当然ありません。
どこもかしこも人やら何やらでごちゃごちゃしてる。

ウンザリしてきた。人ごみが嫌いです。


Double Famous登場。
人ごみを掻き分けて奥へ奥へ。
奥のスピーカー前までたどり着くと結構すいてて、
気持ち良〜くゆらゆら出来た。
最後にフジロックに出るとか言ってたな。

フロアを出るとものすごい人。動くだけで精一杯。
限界感じてタワーカフェに。並んでるけど仕方ない。
しばし並んで中へ。ワインと食事を頼んでまったり。


体力&やる気が復活して再度フロアへ。
ソイルの社長のDJ。アゲアゲですわ。ゆったりを楽しみに
来たのにアゲアゲで踊ります。軽く汗かく。

続いてcopa salvo。フロアは満員。
後ろから見てると盛り上がってるのがよく分かる。
彼らの人気の高さを垣間見た。
最新のアルバムを聴いてないので
知らない曲も多かったけど、いつも通りに楽しい。


コパが終わると犬式の三宅氏のDJ。
ところどころに朗読の音声を入れたりと
なかなか面白い。けど難しい。
個人的に、DJにはフロアを盛り上げ、
踊らせて欲しいというのがあるので、
このやり方は聴くには面白いけどう〜ん・・て感じでした。
最後に三宅氏らしい言葉があったので良しとしよう。


後方でsaigenjiの演奏が始まった。
初めて見たけどトークが面白い。声も好き。
あまりこういう音楽は聴いてなかったけど
素敵だなーって思った。非常に魅せられました。

そしてPanorama Steel Orchestra。
やっぱりスティールパンの音が好きだ。
一気に気分を夏に持ってかれる。
あれだけたくさんのメンバーで演奏を合わせるのは
大変だろうなと思う。曲が終わるとメンバーが飛び跳ねて喜んでたりする。
あの輪の中に入りたいとふと思う。
私一人くらいあそこに紛れ込んでもバレないんじゃない?
そんなくだらないことを考えながら
飛んだり跳ねたり踊ったり。楽しい楽しい。

やっぱり野外で見たいなーと思う。
そんな願いを叶えてくれるのがソラノネガイですわ。
今年もソラノネガイはヤバいです。

そして疲れたし満足したしで会場を後にしました。


まぁね、楽しかったけどね、やっぱりゆったりを
楽しみたいです。ゆったりできる状況じゃなかった。
人多過ぎだし、ごちゃごちゃといろんなものを入れ過ぎ。
決してメジャーではない音楽にあれだけの人たちが
集まるのはすごいことだと思うけど。


しかし早く野外イベントを楽しみたい今日この頃。

posted by TOMO at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

BOOM BOOM SATELLITES@SHIBUYA O-EAST

BOOM BOOM SATELLITES@SHIBUYA O-EAST
2006年6月8日(木) 開場19:00/開演20:00



先月ニューアルバムが出ましたBOOM BOOM SATELLITES、
ツアーが始まりましたが、今回のライブはツアーではなく
普通のライブらしいです。普通に「東京公演」。

平日20時スタートと嬉しい遅めスタート。
ご飯食べてから会場に向かえます。

ゆっくり出来るほどの余裕はないので
さくっと食べれそうなお店を探していると梅蘭発見!
横浜中華街のあの梅蘭です。
梅蘭焼きそばが食べたくて横浜まで行った事がある程
梅蘭焼きそばが好き。迷わず入りました。
久しぶりに食べたら美味しかったー!
けど食べてると味が濃く感じてきた。
味覚が変わったのか、店の味が違うのか・・・

とにかく食べ終わってお腹満足で会場へ。


開演10分くらい前に到着すると、フロアは人がいっぱい。
でもずんずん前に進んでいくと意外と前の方が空いてた。

程なくしてメンバー登場。登場と同時に会場大興奮。
1曲目はニューアルバムの1曲目でもある「KICK IT OUT」。
その後もニューアルバムからの曲が半分くらいですかね、
あとは前作からもやってた。それ以前のもやってたのかな。
どの曲がどのアルバムとかよく分かりません。

前作でヒットした「Dive For You」では
会場も尋常じゃない盛り上がりっぷり。

ブンブンのライブは前方はモッシュだけど
基本的にはみんなガン踊り的雰囲気です。
客層も比較的高めのように見受けられるし、
モッシュゾーンにさえ入らなければ
そこそこ好きに自由に踊れます。

という訳で私も好きに自由に踊ってた訳ですが、
何故か翌日わき腹が痛かった。
どんな踊り方してたんだ?って感じです。

そういえば珍しくアンコールが2回あった。

アンコール含め2時間ほどのライブは
汗とお酒にまみれつつ、大成功のうちに幕を閉じました。
(なんだ?このまとめ方・・w)



7月2日のツアーラストも行く予定。

それから多くの人が衝撃を受けたらしい去年の
フジロックでの彼らのライブがDVD化されるらしい。
あの感動をご家庭で!!
(なんだ?このまとめ方・・ww)

posted by TOMO at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

THE GREENROOM FESTIVAL@横浜大さん橋ホール

THE GREENROOM FESTIVAL
2006/5/27-5/28 @横浜大さん橋ホール




「サーフィンをテーマに、音楽、アート、映像、写真、
全てをコラボレーションさせたフェスティバル」です。

サーフィンとかしないけど、その空間はとても素敵で、
音楽もアートも映像もそれぞれが良い感じに混ざり合って
小さな波が大きな波になる、そんな雰囲気を感じた。


私が参加したのは2日目の5/28(日)。
WISDOMに行ってたので、
家に帰ったのは日曜の朝なんだけど、
チケットは買ってなかったので、
まぁ元気だったら行こうかな〜程度に思ってた。
4時間くらい寝て起きたら元気じゃなかったけど、
天気も良かったし、やっぱり行くことに。


向かう電車の中で一人お酒を飲む。
最近出たお茶のチューハイ、缶じゃなくてペットボトルなの。
あれ、一見普通のお茶っぽいから電車で飲むにはもってこい。
でも電車で一人缶チューハイ飲んでる女はヤバいでしょ。
だからペットボトルナイス☆
「チューハイ」って思いっきり書いてあるけど。


最寄り駅から会場の大さん橋に向かう。
天気が良くて気持ち良い〜!むしろ暑いっ!!
でも海に近づくにつれて風が心地良くて。

当日券を買って会場に入ったのが16時過ぎだったかな。
お酒片手にまずは場内物色。アートが展示されてます。
メインステージは広くて、もう一つのステージは狭いけど、
ガラス張りで外の海やみなとみらいが見えてなかなか良い感じ。


かねよ食堂のまぐろづけ丼を食しながらLeyonaを観る。
Leyonaは良いけど、づけ丼に入ってるネギ良くなかった。
いや、生のネギが苦手なんです。体に合わないんです。
でもよけるのが面倒だったので、ちょっとくらい・・
と思って食べたらもう・・・具合悪ぅっ!!ってなってしまいました。

具合悪いままLikkle Mai。今回はアコースティックで。
素敵だー!!と思いながらもネギのせいで具合悪く、
音の聞こえる位置にあるソファーに座って休憩。
心地良い音が眠りを誘います。Likkle Maiを子守唄に
ちょっとうたた寝。なんて贅沢なんでしょう。


Gabby&Lopezをちょっとだけ観て、
具合悪さを解消するために外の空気を吸いに行く。
さっきまで真っ青だった空が赤く染まり始め
みなとみらいのビルの影が浮かび上がる。
カップルが愛を語らう横で私は、一人ネギと戦いながら
さまざまなことに思いを馳せていた。


気分が落ちてきたところで再び場内に入って
Keisonを観る。Magnoliaの人がゲストで出た。
あったかい雰囲気に会場が包まれる。
屋内だけど海が目の前に広がって
波の音が聞こえた気がした。(←幻聴)


次に観たのはLotus。
去年見逃したからね、楽しみにしてました。
何でしょう、このフワフワした感じ。
浮遊感溢れるサウンドとオーガニックなグルーヴに
完全にヤラれて、ひたすら踊らずにはいられませんでしたわ。

燃え尽きました。もう帰ろうかと思うほど。

でも最後のBlue King Brownも観たかったので
とりあえず座って休んでた。
Chris Pierceも観たかったけど動けず。

Blue King Brown。1曲目がヤバかったな。
あのパーカッションのリズムに否が応にも体が動きます。
なんともパワフルで泥臭い感覚がたまりません。
その音とパフォーマンスに引き込まれた。

が、体が限界を迎え始めたので数曲聴いたところで帰りました。


会場を出て振り返るとホールは何とも幻想的な光を放ち、
横を見ればみなとみらいの美しい夜景。

あー良い時間を過ごしたな〜と思いながら駅に向かった。


そういえばアートコーナーでセッションしてた。
人だかりでよく見えなかったけど
パーカッションとトランペットと。良かった。うん。

posted by TOMO at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

WISDOM@代官山UNIT

WISDOM
2006年05月27日(土) @代官山UNIT
22:00 OPEN/START

DANCE FLOOR
LIVE:SUN PAULO
DJs:NUMANOID a.k.a. DJ TSUYOSHI (Mad Skippers / Joujouka)
    川辺ヒロシ(Tokyo No.1 Soulset)
VJ:ヤマダヒデト(amp)/ KLOMA

LOUNGE
四つ打ち友の会




小雨がちらつく中、24時頃に会場入り。
思ったより人が多くてびっくり。

フロアはNUMANOID a.k.a. DJ TSUYOSHIによって
徐々にあっためられる。
でもみんなDJではなくステージの方を向いてる。
みんなSUN PAULOを待ってるんだね。


24時半くらいかな。すごい格好のメンバーたちが登場。
あえて言う。すごい格好。ライオンキングかと思った。
あのファッションセンスはどこから来るものなのか。
素晴らしいです。

ファッションも注目だけど、やっぱり音もスゴイんだな。
何でしょう。太陽がメラメラ燃えてる感じ。
メラメラ燃える太陽をバックに、超絶テクと
ロックの魂と変態じみたグルーヴが交錯する。
って何言ってんのか分かんないな。

とにかくSUN PAULOは私の中で太陽。
ROVOは宇宙。DACHAMBOは嵐。GOMAは大地。

という訳でSUN PAULO、太陽が燦燦と照りつける中で観たい。
汗だくになりながら、太陽と音に溺れるのだ。
で、熱射病寸前でダウン。・・ってイヤだな。


そんなことを思いながらSUN PAULO終了。
このイベントはSUN PAULOが2セットあるので
いったんB3に降りて四つ打ち友の会。
四つ打ちかと思いきや、ちょうど降りた時は
レゲエが流れてた。心地良く踊る。

が、何となくUNICEでお茶しようとなって
上にあがるも満席。近くの椅子で休憩。


しばらくして再度フロアへ。
NUMANOID a.k.a. DJ TSUYOSHIがロックテイスト溢れる選曲で、
フロアはあったまるどころか激熱状態になってた。

良い感じにアガったところで再びSUN PAULO登場。
2度目にして飽きるどころかますます盛り上がる。
もう足とかすごい痛いんだけど、楽しいから良し。


2セット、たっぷり堪能した後、
最後の川辺ヒロシの時も結構元気だった。
DJブースの最前列で盛り上がる。
佐藤タイジがライオンキングのまま(?)、
川辺ヒロシを盛り上げたり、フロアに降りてきたり、
このイベントを楽しんでる感じが微笑ましかった。

このままあと1時間くらいは踊り続けられそうだな
なんて珍しく思ったりもしたけど、
それをやると後で後悔するのが目に見えていたので、
川辺ヒロシ途中で始発目指してUNITを出ました。



何だか中毒みたいにハマってるかも。
音源は一つも持ってないくせに。
7月にもライブあるから行っちゃおうかと検討中。
今度はオールナイトじゃないし。

うきゃきゃ。一気にハマると一気に冷めたりするけど
冷めるまでは楽しもう。うん。楽しい楽しい。


posted by TOMO at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月21日

FATBOY SLIM@幕張メッセ

FATBOY SLIM

5.19 (fri) 幕張メッセ国際展示場1番ホール
OPEN / START 22:00

Guest :
CAGEDBABY
zZz
Tomoyuki Tanaka (Fantastic Plastic Machine)



結構な勢いで雨が降ってたこの日、
FATBOY SLIM@幕張メッセ行って来ました。
こんな雨降ってたら人こないんじゃないか?
などと思ってたら家出る頃には小雨に変わってた。

そして24時ちょい前に会場に到着。
会場に入ると結構な人が集まってましたわ。
そりゃそうだ。


zZzが既に始まってました。
zZzって何て読むんですかね?
オルガンとドラムのデュオ。
ガレージロックって説明があったけどよく分かりません。
後半にフラッシュみたいな照明を
結構長時間連続でバチバチやってて、
具合が悪くなりそうだった。あの照明嫌い。
あれは発狂しそうになる。クラブイベントとかだと
結構あるんだけど、ほんとやめていただきたい。


で、ドリンク買おうと思ったら長蛇の列。
えーっ!何これ!?ってくらいの大行列。
でも酒なしじゃ踊れねーだろってことで、
仕方なく一番短い行列に並んでみると
東京エールというビールの列だった。
初めて飲んだんだけど、もう驚くほど苦いっ!
飲めば飲むほどウンザリ。苦さに顔が歪みます。

もともとビールはあまり好きじゃないんだけど
そのビールの嫌いな部分を詰め込んだような感じ。
って酷評しておりますが、結構人気のビールみたい。

口直ししようにも列に並ぶのがいやで我慢ですよ。
あの広さでドリンク買える店があれだけって
ありえませんよ。プンスカ!
でもみんなよく並んでたなー。忍耐力あるね。私無理。


続いてCAGEDBABY。
盛り上げ上手な感じ。人気出るの分かる。
去年のフジロックにも出てたみたいだけど
まるでノーチェックでした。
ファットボーイ好きな人には受け入れられそう。

後方から見てたんだけど、盛り上がってたな。
結構煽ってくる盛り上げ方もしてたけど、
それはそれでファットボーイに向けて
テンション上がる感じでなかなか良かった。
ってことでちょい踊りで盛り上がった。


そしてFATBOY SLIM!
登場から会場のテンションは最高潮!
ってくらい盛り上がる。尋常じゃない盛り上がりっぷり。
私も勢いに任せて後方から真ん中ら辺まで移動してみた。

2年前かな?agehaで見た時は混み過ぎて盛り上がれず、
去年のフジロックでは悪天候の為か盛り上がれず、
3度目にしてやっとファットボーイで盛り上がることが
出来ましたわ。でも正直途中で飽きました。アハ♪

でも最後は持ち直してハッピーハッピーな
雰囲気のまま終了しました。


最後はTomoyuki Tanaka(FPM)。
ファットボーイで人がはけたので前方へ移動。
最初からアゲてきますねー間違いなく盛り上がれる選曲。
おしゃれデブめ。あたしゃあんたが好きだよ。
てなことを思いながらガシガシ踊ってました。


4時間くらいノンストップで踊り続けたせいで
ヘロヘロになりました。
結構休み休み楽しむことが多いので私としては珍しい。
おかげで足腰痛いです。
そしていまだに疲れがとれません。。。

posted by TOMO at 21:24| Comment(3) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ROVO@日比谷野外音楽堂

ROVO presents MDT FESTIVAL 2006 @日比谷野外音楽堂

2006/5/14 (日) 東京・日比谷野外音楽堂
open 15:00 / start 16:00
ROVO
NATSUMEN
GOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION
サム・ベネット




雨でかなり行く気がダウンしてたんだけど
午前中にはあがって何とか重い腰をあげて行って来ました。

お酒を買って会場へ。
お酒や食べ物を持ち込める野音はステキです。

開演ギリギリに入ると既に座席が埋まってる。
と思ったら端の方に行くと後方は空いてます。


飲みつつ開演を待ってるとサム・ベネット登場。
パーカッショニスト?
初めて見たけど自由なアメリカ人って感じ。
アメリカ人かどうか知らないけど。
好きなことを好きにやってる感がとっても微笑ましい感じ。


続いてGOMA & JUNGLE RHYTHM SECTION。

DVC10109.JPG

やっぱりイイネ。ディジュの音がそそります。
魂が突き動かされる。気持ち良い。
よく見えなかったんだけどGOMAはディジュを
台か何かに乗せて吹いてるのか?いつもそうなのか?
何となくディジュを持ち上げて吹いてる姿に
そそられたりする変態気味な私はちょっと悲しかった。


そしてNATSUMEN。
名前から勝手にメロコア的なのを想像してたんだけど、
実は違うと知ったのが2週間前。
でも何故か条件反射的にメロコアと結びつく私の思考回路。
もちろんメロコアじゃありませんでした。

途中でトイレに行ってからふらふらしてたら
友達に遭遇。NATSUMENはメロコアだと思ってたと
話したらそれは違うよねーと普通に否定され軽く凹む。


最後はROVO。
いやぁ良かった。とても良かった。
けどね、 なんかちょっと物足りない。
短かったからかな?お酒が足りなかった?
もっと頭の中がぐるぐるして、音の渦に
飲み込まれる感覚を味わいたかったんだけど
普通に気持ち良いだけで終わっちゃった。
それはそれで全然いいんだけど。

あ、照明が良かった!

DVC10112.JPG

ステージの壁が白いから映えるのかな。
方々に広がる光を見ながら、
ROVOのトランス感にこの光は欠かせないななどと冷静に考えてた。
つまり私はトランスしてなかったってことだな。
でも非日常的な感覚は感じてた。
ROVOの幻想的な音と日比谷公園の木々と高層ビルの光。
そのミスマッチ感がなんとも言えず素晴らしかった。

posted by TOMO at 19:21| Comment(0) | TrackBack(1) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テグオン・サーカス@渋谷PLUG

テグオン・サーカス

場所: 渋谷 PLUG
日時: 2006年05月06日(Sat) DOOR OPEN/ 24:00〜
チケット advance : 2000yen w1d/ door : 2500yen w1d

LIVE: tegwon × Circus DJs
DJ: BUZZ(SHIBUYA PLUG店長)
LIVE PAINTING: MARUWAKA + ヒデヲ(tegwon)
VJ: 矢吹和彦(-kikyu-)




今さら感満載日記さらに続けます。


Organ barから朝帰りした私は数時間の睡眠の後
普通に昼間っから出かけました。
お台場なんぞ行きましたわ。GWですから。オホホ。
お台場学園文化祭とやらがフジテレビでやってまして、
なんか知らないけどキウイをもらって食べたりしました。
ゴジラのクイズに答えて方位磁針なんぞもらったり。

そんな普通の休日を満喫した後、
またもや渋谷で日付が変わる頃に待ち合わせ。
もはや定番となりつつありますね。


私も友達も前日オールであまり寝てなかったので
お互いに今日ヤバいね・・ってことで
早めに行ってソファ席確保だ!と意気込んで行きました。
もうOPEN時間は過ぎての到着だったけど、
OPENが遅れてたらしく、ちょうど開いたとこでした。
ほとんど一番乗りな勢いで中へ。


とりあえずメンバーの一人に軽くご挨拶。
で、とりあえずドリンクもらってソファに沈みました。

座っちゃったらもうほんとヤバかった。
目を閉じたら即寝出来そうな感じ。
でも意識はしっかりしてんだよね。
お酒1杯しか飲んでないし。

当然のようにSTARTも遅れてましたが、
やっとLIVE PAINTINGが始まった。
今回はPAINTINGとtegwonドラムのコラボ。
ドラムすげー。座ってたから絵はほとんど見れず。
たまに立ち上がって覗くとどんどん形を変える絵。
まさにLIVE PAINTING。生きてるね。


続いてCircus DJs。
2DJによるライブセッションです。
なんかスゴかったよ。よく分かんないけど。
多分テクとか高度だったと思われる。よく分かんないけど。
でもフロア的にはあまり盛り上がってなかったかも?


そしてtegwonとCircus DJsのセッションです。
このまま座ってても良かったんだけど、
なんかこのままってのもあれなんで踊りますか
ということでフロアに行きました。
面白かった。けど立ってたら疲れがどっと出てきて・・
その後tegwonだけのライブになったんだけど
その頃にはもう倒れるんじゃないかみたいな感覚に。

なんとか頑張って踊ってはみるものの
テンション上がらず。

今回から新しいギターが加わった。
ギター2人、ベース、ドラム、ディジュ、パーカッション
の6人編成。あまり違いを感じず・・。

そんな訳でいつも通りな感じで楽しんではいたのですが、
疲労の限界は私だけじゃなかったので
このまま無理して居続けてもツラさが増すよね・・
ということで、PLUGを出ました。


雨が降ってたので、濡れながらタクシーを捜してたら
呼び込みのお兄さんがビニール傘をくれた。
人の優しさを感じた渋谷午前4時。

posted by TOMO at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NEO CLASSICS@渋谷Organ bar

今さら感満載日記続けます。
GW中に行ったイベントです。

2006/05/05(金)@渋谷Organ bar " NEO CLASSICS"

クボタタケシ目当てです。
前週金曜のZOOT16にも出てたし、DOWN BEAT RULERにも
出てたので、結構満足してたんだけど
友達に誘われたらまた行きたくなった。

ので行ってきた。

日付が変わる頃に渋谷で待ち合わせ。
クボタタケシが出るのはAM1:30くらいだよねー
なんて話しながらとりあえず居酒屋で時間潰し。

ふと気付くと良い時間。
慌ててお店を出てOrgan barへ行くと
GW中とあって前回よりも人がいっぱいです。
溢れてます。


まずはカウンターでドリンクを買って・・
ってやってたらクボタタケシ始まってる模様。
どおりでフロアに人が溢れてる訳だ。

しかしここの狭くて天井低くて暗くて
っていう感じはあまり好きじゃない。
窮屈で息苦しい感じがしちゃうんだよね。
良い音が流れれば気分は旅に出れるけど。

で、後方で踊ってた訳だけど、いかんせん暑い。
暑過ぎる。空調つけてんのか、おい!みたいな。
パンクのライブで暴れた後のキッズ並みに
汗かいた気がする。びっしょりですよ。

音の方はハードロックとか(?)で遊びもあったけど、
私はそんな遊びは好きじゃありません。
そんなの期待してないよ。
もっと私の好きな音をー!!早くー!もっとぉー!!
って感じを味わいつつも楽しんでました。

フレイムスを2曲かな?かけてたけど
DOWN BEAT RULERで見れなかったことを思い出して
それはそれは悲しくなりましたよ。クスン。

しかしそんな悲しさも打ち消すかのような
異常な暑さ。立ち位置が悪かったのかな。
前方は涼しかったのかな。でも前方は
常連さんらしき人たちで盛り上がってるからさ、
そんな内輪の中に入り込めるほどフレンドリーな
タイプではございませんので、
後方で暑さに耐えてたんだけど、限界きました。
隅の椅子に座って休憩。


落ち着いて聞いてると、なんかあれね、
お客も期待してるんだろうけど、
毎回同じ曲をかけるよね。そしてそれで盛り上がるよね。
もちろん私も盛り上がるんだけどね、
なんかね、なんだろうね、ちょっとだけ飽きるよね。
ライブだと定番曲って毎度盛り上がるんだけど
なんとなくね、何だろうね、不思議だね。
まぁいいんだけどね、なんかね。うんうん。


で、クボタタケシも終わってサイトウジュンですかね。
今回はなかなか良い選曲だった。
けど、暑さによるぐったり感から復活できず、
Organ bar出て再度居酒屋で時間潰して
始発で帰りました。


いやぁ〜混んでるうえにあの暑さは犯罪です。
踊りに行ってるのに踊れないってどーゆーことよ。
もう行かないっ!!!
と勢いで思ってみたけど、またクボタタケシを
味わいたくなっちゃうんだよな〜きっと。

posted by TOMO at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

Willy@多摩川河川敷

Willy

2006/5/4 [thu]
12:00-20:00 
☆雨天決行
@多摩川河川敷
[東急田園都市線二子玉川駅徒歩5分、兵庫島公園付近]
Charge
FREE with your donation.
DJ
大沢睦生(Freak Affair)
篠田淳治(Balearic Sunrise)  
片平実(Getting Better)




今年2回目のWillyです。


前日の飲み過ぎで夜熟睡出来なかったものの
ウコンの力のおかげか二日酔いは特になく。
未明に一度目が覚めた時はリアルに酔ってたけど。

二日酔いはないものの、体がダルイというか
なんだかゲンナリしてて午前中はウダウダ
寝たり起きたりを繰り返した。


なんとか起き上がって支度して二子玉川へ。

あまりの天気の良さにちょっと元気が出てきた。
この天気で楽しまないのはもったいない!


駅前のスーパーで再びウコンの力とお酒を購入。

Willyに向かうであろう人たちいっぱい。

河川敷に到着すると今まで一番人が入ってるんじゃ
ってくらい人がたくさん。

でも野外ですから混雑でウンザリすることはありません。
レジャーシート広げて乾杯!

まい泉のカツサンドとか食べたり
美味しい時間を過ごす。

好きな感じの曲がかかり始めたので踊りに。


128823911_31.jpg

初公開!この中のどこかに私が写ってます!
キャーキャー☆
多分知ってる人が見ても分からないだろうけど。ウフ。


良い感じに盛り上がってますね〜
気持ち良〜く踊りました。
風も日差しも強かったけど、
お日様の下で両手広げて踊れるのって
なんて気持ち良いんでしょう!!


今回はあまり飲まなかったので
何度もトイレに並ぶこともなく、
好きな曲の時には好きなだけ踊れた。


途中でヘビメタが流れて
みんなヘッドバンキングしてる姿が面白かった。
みんな適応性があるというか
いろんな曲を知ってるなぁと感心。


暗くなってから好きな曲が連続でかかった時は
寒いのに汗かくほど踊りましたわ。

何でもありの選曲が良い!


そして偶然打ち上げ花火が!!
花火大会であがるような大きいやつね。
なんの花火だか知らないけど
花火と音楽と心地良い空気。
最高の時間でした☆


DVC10091.JPG


いやぁ〜ほんっとに気持ち良い時間だったわ♪
posted by TOMO at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Down Beat Ruler@恵比寿ガーデンホール

SUN-SHOT presents Down Beat Ruler

■日程:2006年5月3日(水・祝)
■会場:恵比寿ザ・ガーデンホール & ガーデンルーム
■開場/開演:15:00(close 23:00)




一言。飲み過ぎました。



16時過ぎに会場入り。既に人いっぱい。
とりあえず乾杯。キューバリブレ700円。

会場内物色。泡盛500円発見。
カクテル700円飲むより泡盛500円の方がお得じゃない?
ってことで2杯目からは泡盛ロック。

それからスパムおにぎり1個食す。
この日最初で最後の食事。これが敗因か?

泡盛3杯目くらいから自分の様子が
変わってきたことに気付く。

でもまだ良い気分〜♪程度ですわ。
良い気分のままLos Rancherosを後方から見る。

メインフロアに移動するとRUB-A-DUB MARKETでしょうか?
あまり盛り上がってない中結構踊ってみたりした。

それからBAGDAD CAFE THE trench town。
もうこのくらいから何杯飲んだんだか分からない状態。
でもまだ気持ち良く意識もあり、ハイテンションで踊る。
カッコ良いなぁ〜セクシーだなぁ〜♪


それからどうしたんだろ?
相変わらず飲み続けつつ、友達の好きな松田岳二かな。
ガクジ!!好みじゃないです。けど良い曲かけてた。

そしてクボタタケシ!!キターッ!
一番前で柵ダンスですわ。
もうこの頃には完全におかしかったと思う。
ドリンクもこぼしまくってたし。
でも気にしな〜い♪きゃははは〜♪みたいな感じ。
ガン踊りで頭も振られてお酒も回りまくり。

その勢いのままTHE ZOOT 16。
何の曲やったとか覚えてないけど
とにかく盛り上がりました。
このときもドリンクこぼしまくり。
周りにいた人、かけちゃってたらごめんなさい。
ってコレ見てないね。てか一番濡れてたの私。


そして1Fに移動するとGAZが!!!
完全にイッちゃってた私はずかずかとGAZに近づき
ツーショット写真ですよ。ヤッタネ!!
GAZ良い人!親切!最高!!

ちょうどGAZにサインをもらってたカップルと
何故か意気投合して、彼とGAZの写真も撮ってみたり。
しかも上手く撮れなくてかなりしつこく撮影。
多分GAZもうんざりしてたかと。


その後もそのカップルと騒ぎまくってた気がする。
会話とか覚えてないけど、なんか「いぇーいっ!!」
とか連発してたような・・・寒。

スペシャルゲストのSKA CUBANOが始まるってことで
みんなでメインフロアに戻る。
まだ始まってなかったので、
さらに泡盛をごちそうになったりして飲み続け、
騒ぎ続ける。そして完全に記憶が飛ぶ。

SKA CUBANO観に上がったのに、
観たのか観てないのかすら覚えてません。
私は一体どこで何をしていたのでしょうか。

その後のDJとかも記憶にございません。

The Ska Flamesが出てきた時の記憶もございません。


でもふと気付いて、トイレに行くだかなんだかで
フレイムスを多分数曲聴いたとこでフロアを出た。

もうフラフラです。通路の隅の方にへたり込みました。
隣にはさっきのカップルが潰れてます。二人仲良く。
良いなぁ〜・・なんてぼんやり思ってたら
次に気付いた時には知らない男の人が隣にいて
なんだかワタクシ、彼にしなだれかかっておりましたわ。
抱き寄せられるような形で。誰ですか、彼は。
エロビームを出してきたので、
朦朧とした意識の中ふらふら逃げ、会場からも出ました。

もう限界でしたね。

その後になんとデタミの高津さんが出て歌ったとか。
あとは分かってたけどRICOとかね。
もうね、後悔後悔ですよ。ほんと。
会場出た時は仕方ない感じだったけど
後から人の話を聞いたり、感想読んだりするとやっぱりね・・。


酒は飲んでも飲まれるな。ですよね。

完全に飲まれちゃいましたよ。
いい年してお恥ずかしい。


自分への戒めの意味も込めて詳細に記録しておこう。
長いよね、これ。
あぁ、帰りの電車でもキツくてね、
途中下車して歩いて帰りました。千鳥足。

あー反省。


ウコンの力、力及ばず。


酒は飲んでも飲まれるな。

posted by TOMO at 16:42| Comment(4) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ska Cubano@六本木ヒルズアリーナ

Ska Cubano - Super Live

日時: 2006年5月2日(火)
時間: 開場 17:30 開演 18:30
場所: 六本木ヒルズアリーナ




去年のフジロックに出演したSKA CUBANO、
初の単独来日公演です。

キューバン・スカ。

スカのリズムにキューバの音楽。
ゴキゲンな音でございます。
聴けば勝手に体が動きます。
極上のダンスミュージック。


ってことで行って来ました。

屋外です。
気持ちの良い夜空の下踊れるのを
楽しみにしてたんだけど、
この日はあいにくの雨模様。

しかも開場17:30開演18:30って。
ゴールデンウィークとはいえ平日ですぜ?
早いでしょ。

ちょっと席外してますくらいな感じの
デスク状態で会社を後にして六本木へGOです。
傘持って出てくるの忘れた。
途中で買えばいっかと思ってそのまま電車へ飛び乗る。

が、ヒルズに着くまでコンビニも見つからず
小雨に濡れながらアリーナを目指す。

近づくとゴキゲンサウンドが漏れ聴こえてくる。
始まってます。

が、雨に濡れたことでテンション一気にダウンです。
悪条件に弱いタイプです。


チケット買わずに外からでも観れるじゃん・・
という状況の中、会場内へ。
悪天候に関わらず結構人が入ってます。
一応屋根が心なしかついてるので
完全吹きさらしではないものの、風で小雨が吹き込む中、
天気に似合わない陽気なカリビアンミュージックに
たくさんの人が踊ってました。

テンション低かったので後方で小さく小躍り。


しっかし寒い。寒い。ほんとに寒い。
ガクガクします。

こんな南国のあったかい音を
こんな寒い状況で聴くのはいかがなものかと。
天気が良ければ・・あぁああぁぁーーー・・・


前の少しあいてるスペースに
何やら激しく踊るおじいさん。
腕にピカピカ光るものをつけて
ブレイクダンスでも始める勢い。
てか地面に手ついて回ってた。おじいさんが。

そいえば渚にもおじいさん来てたけど
今年の春は見なかったかも。生きてるのかな。


観客にはヒルズ勤務なのか関係者なのか分からないけど
スーツ姿の方や、大人の女性の姿もちらほら。
観光ついでに入っちゃいました!てなおじさまおばさまも。
お子様連れも結構いた。

でもどの人も楽しそう。
年令に関係なく楽しめる音だよね。


震えながらどんより後ろで見てたら
友達に発見されてしまった。
一人でどんよりしてるところを見られるのは恥ずかしい。

ちょっと話をして、先週行ったライブに
GAZが来ててツーショット写真撮ったと見せられた。
羨ましぃー!!!と騒いだが、
私も翌日GAZとツーショットしたのだ♪


アンコールだったか、アンコール前だったか覚えてないけど
ちょっと長くてだれてる曲があったな・・
なんか・・しつこい!長い!みたいな。
寒かったせいもあって、早く終わってくれーと思ってしまったわよ。


そんなこんなで無事終了し、
そそくさと会場を出て、友達と待ち合わせ。
何故か花束をもらう。
体の心まで冷えてたけど、心はあったまりました☆

posted by TOMO at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

LIQUID HEAVEN @LIQUIDROOM

LIQUID HEAVEN

2006/4/29(sat)@@LIQUIDROOM
OPEN / START 15:00 / -

LINEUP
Majestic Circus/Sun Paulo/SPECIAL OTHERS/らぞく
中村まり/ニヤニヤ/Magnolia
SHINKILOW/Candle JUNE/GRAVITY FREE
DJ Classic Rockers



昨年に続き、フジロックのFIELD OF HEAVENが
恵比寿LIQUIDROOMに現れました。
ヘブン好きとしては行くしかないでしょー。
ってことで行って来ました。

1Fと2Fと両方でライブやってたんだけど、
途中から2Fに移動する元気がなくなってずっと1Fにいた。


見たアーティストはどれも良かったけど
今回特にヤラれたのはSUN PAULO。
渚でちら見した時はそうでもなくて、
昨日も途中までは普通に良いじゃん程度だったんだけど、
急に私のどこかのスイッチを刺激したらしく
途中からはもう大変なことになりました。

完全に壊れましたわ、ワタクシ。オホホ。

音はロックだけどダンスミュージック、
ダンスミュージックだけどロック。
なんだか変態気味。これ最高。
そして暴力的なまでのその音にガツンとヤラれた訳です。


しかもこの時、前にすっごい踊ってる男の人がいた。
ほんとにすっごいの。
周りにいた人が彼を記念撮影するくらい。
私は彼をカッコイイと思った。

周りが盛り上がってないとか、
この曲で踊らなきゃいけないとか、
そんなの関係なくて、好きな曲で
好きなように楽しめばいいんだよね。
周りに迷惑をかけるようなことは良くないけど、
楽しみ方は自由。音楽は自由。

そんな当たり前のことを思い出した。

だから私は彼をカッコイイと思ったし、
私も音に身を任せて体を揺らした。恍惚の瞬間。

でも彼、陶酔しきってるのかと思いきや、
普通にデジカメで撮影とかしちゃって
意外と冷静だったのが笑えた。


SUN PAULO、また観たい。ハマりました。


あとはご飯いっぱい食べた。
朝から何も食べてなかったので、
着いて早々ラタトゥイユを食べ、
その後はちみつバターのパンを食べ、
きゅうりを食べ、ほうれん草のカレーを食べました。
ライブで飲み過ぎて気持ち悪くなることはあっても
食べ過ぎて気持ち悪くなったことは初めて。



そんな感じで天国へと行ってきた次第です。
早く苗場の天国に行きたい☆
posted by TOMO at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

NEVER DIE!6@新宿LOFT

SHINJUKU LOFT 7TH ANNIVERSARY NEVER DIE!6
2006/4/28(FRI) @新宿LOFT
OPEN 18:00 / START 20:00

THE ZOOT16
DJ:クボタタケシ




GW突入ですねー
と言っても私はカレンダー通りの休みではありますが、
気分はもうゴールデンです。

そんな開放的な気分の中、昨日はZOOT16のライブへ。
LOFT久しぶりだな〜と思ったら1年以上行ってなかった!
あんなに行ってたのに・・・でも変わった様子は何一つなく。


クボタタケシがDJだったので、
早く行こうと思ってたのに仕事終わらず結局19時入り。

しかし人はまだまばら。飲みつつゆらゆら。
やっぱり彼のかける曲はツボが多い。好き。


お腹がすいたのでお気に入りのビーフンを食す。
LOFTのFOODは意外と美味しいと思う。
ビーフンも500円で量も多くて美味。
LOFTに行ったら是非お試しあれ。
お腹いっぱいになって踊れなくなるかもだけど。


お腹も満足してフロアに戻ると人がかなり増えてる。
お酒片手に気持ち良く踊る。かなり楽しい。ヤバイ。
踊ってる人は少なかったけど、かなり踊りました。
小汗かくほど。

もうクボタタケシだけで大満足。
このまま帰ってもいいやくらいな勢いです。


が、やっぱりZOOTです。見なくちゃです。
登場とともに大興奮。キャーキャー☆
最初っから最後まで盛り上がりっぱなし。
もうね、ずっと踊ってました。

ZOOTの音はごちゃ混ぜ感がたまりません。
そこに歌謡曲的歌が乗ってくる感じが最高。

7月にアルバムを出すらしく、
結構新曲やってました。カッコ良かった!!
どんな曲とかもう覚えてないけどw


ライブ中笛を吹いてる人たちが結構いて、
私もなんだかすごく欲しくなった。
でも笛ってどこで売ってるの?
体育用品店?それってどこ??

DOWN BEAT RULERにもZOOT出るので
その時までに笛欲しいぞ。
でもDBRはZOOTだけじゃないから、
あいつ何で笛なんて吹いてるの?うぜぇ。
みたいなことになっちゃうかも?

ま、いっか。

posted by TOMO at 08:51| Comment(1) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

渚音楽祭・春 2006@お台場OPENCOURT

渚音楽祭・春 2006
2006/4/16(sun) 9:00〜21:00
@お台場OPENCOURT



もはや恒例になりつつある渚音楽祭、今年も行って来ました。
野外だ!飲むぞ!踊るぞ!っていうテンションは
曇時々雨の天気予報で若干ダウン。

14時のAUDIO ACTIVEを目標にお台場を目指す。
が、だらだらしてて会場に到着したのは14時半くらい。
しかも入場にかなりの大行列。
当然ですが既にAUDIO ACTIVE始まってます。
聞こえてくる音で、ああぁあぁぁぁーーーって気になる。

40分くらい並んだのかな、やっと入場。
が、何故か荷物チェックもチケットもスルーです。
誰も私を見てくれません。
え?私、見えてる?ここにいるよ?
そんな寂しい気持ちになりました。

ちなみに荷物チェックは何故か小学生くらいの子供がやってた。
さらにはその子供に友達がお菓子を没収されました。
しかもちんすこう。沖縄のお菓子です。
お土産に持って来てた小袋に入ったちんすこう1個が
子供に没収されました。この日一番の出来事。
ちんすこう没収。しかも子供。キャハハハハ!!!!
爆笑ですよ。・・・あれ?そんな面白くないですか?


そんなこんなでやっと会場入り。
とりあえず乾杯してから渋さ知らズ。
が、並んでる時からトイレに行きたかったため
途中でトイレに。ここでもまた大行列。ギリギリでした。

普段からトイレの近い私は、今日はもう飲まないと心に誓う。

やっぱりね、トイレってかなり重要だよね。
トイレで行動を左右される。アーティストの充実より
トイレの充実の方が大事だったりもするんです。


それからFLYING RHYTHMS、山頂瞑想茶屋、HIKARUと
軽く踊ってから場内をウロつく。
しかし人が多くてウンザリ。

そしてSUN PAULOを見てJEFF MILLSへ。
あまりの混みっぷりに踊ることもままならずウンザリ。
ウンザリモードが急上昇してきたので、その場を離れる。
再度HIKARUで一踊り。 軽く満足。
何か食べたかったけど品切れやら行列やらで諦める。

結局中途半端な気分のまま会場を出て、
私の渚は終了しました。


しかし今回は人が多過ぎたせいか、
野外なのに野外の開放感がまるで得られず。
窮屈で息苦しい感じだった。

気持ち良く開放されたいですゎ。


posted by TOMO at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GREENLAND WHALEFISHERS@東京キネマ倶楽部

Title: GREENLAND WHALEFISHERS -DOWN AND OUT SHOW-
Date: 04.09 [Sun] OPEN 18:00 / START 19:00
Place: 東京 鶯谷 キネマ倶楽部
Live: GREENLAND WHALEFISHERS(from NORWAY)
Special DJ: 大貫憲章(LONDON NITE)




ノルウェーのアイリッシュバンド、
1年半ぶり、二度目の来日公演です。

前回の渋谷asiaではオイスカキッズで
かなりの混みっぷりだったけど、
今回は結構すいてました。
個人的にはすいてる方が気分良く楽しめます♪

今回はワンマンでゲストDJに大貫憲章。
と思ってたら暗転して現れたのはなんとLOS RANCHEROS!
ちょっとしたサプライズ。
新曲も披露しつつ、いつも通りの楽しいステージ。

大貫憲章はカントリー風(?)の曲を多くかけてた。
PUNKな選曲を予想してたから意外で面白かった。

てかさ、ギネスが速攻売り切れてた。
ここでギネスを飲まずして何を飲む!?って感じなのに。


そしてGREENLAND WHALEFISHERS登場です!
キャーキャー!待ってました!!!

が、私としたことがニューアルバムが
4/1に出たんだけどすっかり忘れてまして・・・
ここからの曲が中心になるだろう的
コメントを見てたにも関わらず・・

そんな訳で新曲ではイマイチのり切れなかったものの
GWF節全開な新曲に大満足でございます♪

もちろん前のアルバムからの曲では
大いに足を踏み鳴らして踊りました。
ついでにもやもやした嫌な感情も
足で踏み潰してきました。

1!2!FUCK YOU!!


なんかすっきりした。


posted by TOMO at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | LIVE REPORT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。